このページの本文へ

ドコモ・メルカリ・メルペイが業務提携、メルカリ利用でdポイント

2020年02月04日 15時15分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモ、メルカリ、メルペイの3社は4日、キャッシュレス推進や新規事業の検討などを目的とした業務提携について合意したことを発表した。

左からメルカリ代表取締役CEO 山田進太郞氏、NTTドコモ代表取締役社長 吉澤和弘氏

 現在検討されている業務内容としては以下のとおり。

・メルカリIDとdアカウントの連携による顧客基盤の拡大

メルカリのとdアカウントのIDが連携され、相互に利用可能に

・メルカリの利用でdポイントが100円ごとに1ポイント還元(5月開始予定)

メルカリがdポイントの加盟店になり、d払いの利用でポイント付与

「メルペイ」と「d払い」の連携、加盟店の共通化や共同開拓の推進

スマホ決済での協力関係を築く

・ドコモショップでのメルカリ教室や配送サポートの展開

これまでも一部のドコモショップで展開されていた、メルカリ利用の教室や商品の梱包などのサポートを全国のドコモショップに広げる

・データ基盤の活用やマーケティングでの新規事業の創出

個人情報保護を重視しながら、データ基盤を活用しての新サービス展開などを検討するとのこと

 なお、2月24日まで「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」と題して、メルカリでの買い物にd払いを利用することで最大20%分のdポイントが還元されるキャンペーンを実施する。

サービス自体の統合を考えているわけではない
資本提携は現時点ではない

 発表会の質疑応答では、ユーザーIDや決済サービスの将来的な統合についても問われたが、メルカリ代表取締役CEOの山田進太郞氏は「今回の提携は将来の統合を考えているわけではない」と否定。一方で未来については「未定の部分が大きい。あらゆる可能性を探っていきたい」とコメント。

 また、今回の業務提携には、出資などの資本提携は含まれていないが、この点についても山田氏、ドコモ吉澤氏ともに「現時点で決まったものはまったくない」と否定した。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン