このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

5Gが普及する2020年、IoTデバイスを使うならここに気をつけろ

2020年02月07日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5Gが本格すると、IoTも普及する

 2020年に話題の中心となりそうな技術といえば5Gだ。国際的なスポーツイベントにともなうインフラ整備や、対応スマートフォンの増加などが見込まれ、一気に普及していくことが考えられる。

 現在の4Gの10倍以上となるデータ通信の高速化だけではなく、多数のデバイスの同時接続に対応していることもポイントだ。従来の10~100倍の接続数に対応しているほか、これまでの回線と比べて遅延が改善されている。家庭だけでなく、工場や医療施設などでの応用も見込めるほか、コネクテッドカーへの応用も期待される。5Gは、IoTデバイスを活用するための新たな基盤となりえるのだ。

 一方で、5Gが本格的に商用サービス化していくと、予想がつかない問題が生じる可能性もある。各メーカーがセキュリティ対策を講じてはいるものの、どのよう活用法が生み出されるか、どのようなサイバー犯罪が生じるかは、まだ未知数のところもある。

 インターネットにつながるデバイスが増えれば、それに伴うセキュリティ問題も増えることは、考慮したほうがよいだろう。

 IoTデバイスは個人データの宝庫でもあり、サイバー犯罪者にとってもターゲットにしやすい存在ともなりえる。ハッキングされた場合、記録されたデータにアクセスされるリスクが増していくと考えても不思議ではない。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。