このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第168回

Xperia 8はお値段ソコソコで21:9が楽しめるお手軽エンタメスマホだ!

2020年01月28日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Xperia 8」はハイエンドモデルのXperia 1やXperia 5にも搭載された、アスペクト比21:9のディスプレーを採用したミッドレンジモデル。auとUQ mobile、Y!mobileから発売されている。価格はそれぞれauが4万9680円、UQ mobileが3万5640円、Y!mobileが3万9600円と差がある。

6型ながら使いやすいサイズ

ミッドレンジながらアスペクト比21:9のディスプレーを搭載した「Xperia 8」

 ディスプレーは6型(1080×2520ドット)の液晶パネルを採用。ディスプレー上部はノッチやピンホールを採用していないためベゼルの面積が広く、見た目はかなり縦長の印象。本体サイズは約69×158×8.1mmで、サイズ的にはハイエンドモデルのXperia 5とほぼ同じ。片手でしっかりとグリップできるサイズだ。本体重量は約170g。

6型ながら片手でもスムーズに扱えるサイズ

カメラは本体背面の上部に配置されている

 21:9のアスペクト比の利点は、画面分割した場合の使いやすさ。Xperia 8もXperia 1、Xperia 5と同じくマルチウィンドウ用のアプリが用意されており、サイドセンスを使った機能の呼び出しにも対応。対応するアプリなら、YouTubeを見ながらSNSのチェックといった作業が同時にできるので便利だ。

ディスプレー上部はノッチのないデザイン

ディスプレー下部のベゼルは狭い

ほかのXperiaシリーズ同様、サイドセンスも利用可能

マルチウィンドウで起動アプリを選べる

 本体背面にはカメラを2つ横並びに配置され、その上にはストロボ。FeliCaマークもカメラ下にある。本体カラーはブラック、ホワイト、オレンジ、ブルーの4色が用意されているが、UQ mobileのみブラックとホワイトの2色展開となっている。

 指紋認証センサーは本体右側面にあり、電源ボタンと一体となっている。Xperia 1とXperia5にも本体右横に指紋認証センサーと電源ボタンがあるが、それぞれ独立しており、歴代Xperiaの仕様と同等なのはXperia 8だったりする。だが、Xperiaシリーズでは定番だったシャッターボタンは非搭載。そのためXperia 8のほうがデザイン的にはスッキリとした印象だ。

本体右側面に電源一体型の指紋認証センサーを装備

 本体底面には充電などに使用するUSB Type-C端子を装備。さらに本体上部にはイヤホンジャックも用意されている。ワイヤレスではなく、有線のイヤホンを愛用しているユーザーにはうれしいポイントだ。バッテリー容量は2760mAhで連続通話時間は約1700分となっている。

USBはType-C端子を採用

イヤホンジャックも用意されている

 SIMサイズはnanoSIM。スロットはトレー式で、ピンを使わずに引き出せるタイプだ。スロットの蓋とmicroSDのスロットが一体になっており、それを抜き出してから、SIMトレーが取り出せるようになっている。

microSDとSIMのトレーは本体左側にある

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン