このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

らせん構造ではないネジ+G-SHOCKの耐衝撃構造=IoTネジ誕生

カシオ×NejiLawのIoTネジ「smartNeji」が国土を災害から守る

2020年02月16日 12時00分更新

文● 松下典子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カシオ計算機とNejiLawが共同開発しているIoTネジ「smartNeji」は、NejiLawの緩むことのないネジに、G-SHOCKで培われたカシオ計算機の耐衝撃・耐振動・省電力回路を搭載したものだ。smartNejiを建築物などの締結部に使用すれば、わずかな揺れやゆがみをリアルタイムに検知し、効率の良いメンテナンスや災害対策に役立てられる。ビル、橋、地下道といったさまざまな建造物に使われるようになれば、人口減少、インフラの老朽化、多発する大災害、といった日本の多くの課題が解決するかもしれない。

IoTネジ開発の目的とカシオ計算機との共同開発に至った経緯をNejiLawの本社で聞いた。左からカシオ計算機 開発本部 室長 西尾豊一氏、NejiLaw 代表取締役社長 道脇 裕氏、カシオ計算機 開発本部 副本部長 河合哲哉氏

 カシオ計算機とNejiLawのコラボレーションによるIoTネジ「smartNeji」は、発明家として知られるNejiLaw 代表取締役社長である道脇 裕氏のアイデアから始まった。IoTネジ開発の目的と、カシオ計算機との共同開発に至った経緯を道脇氏とカシオ計算機 開発本部 副本部長 河合哲哉氏、同社 開発本部 室長 西尾豊一氏に伺った。

 道脇氏は、「1時間に1つ発明する」とも言われる発明家だ。10代の頃から企業からの発明受託を生業とし、高速道路の騒音を消すルーバー型裏面吸音システム(IHI)、免振に用いる橋梁用ゴム支承「VS-1」(横浜ゴム)、高耐久性の気泡レスコンクリートなど、数々の製品が道脇氏の発明から生まれている。2014年には、数学における永年の命題「ゼロ除算(1÷0)」を証明したという。

数多くの道脇氏の発明や功績のなかでも、唸ってしまうものが「ゼロ除算(1÷0)の証明」だ

NejiLawの本社には、これまでの発明した内容の数々を解説とともに展示

道脇氏がどれだけ多くの特許を取得したか、この知財全集を見ると「量感」としてわかるかもしれない。なお、写真に写っているもの以外にも多くあるという

 道脇氏が緩まないネジの開発に着手したのも、大手建設企業からの相談が始まりだ。ネジの緩みは、鉄道車両の脱輪、エスカレーターの逆走、トンネルの天井板の落下、橋梁の崩落、ジャンボ旅客機の爆発炎上など、大事故を引き起こしている。ネジの緩みへの対策は長年の課題であり、これまでもあらゆる種類の緩みにくいネジが考えられてきた。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ