このページの本文へ

便利なサービスを使って時間短縮で英語を身につけよう

好きなアーティストのミュージックビデオを見て歌詞の穴埋めクイズで英語を勉強

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCやスマホを使って、英語学習を時短にする便利なサービスやツールなどを紹介する連載。今回は、音楽を聴きながらリスニングを中心とした学習ができる「LyricsTraining」を紹介します。

音楽を聴いて発音やヒアリングを学べるLyricsTraining

長束氏のおすすめポイント
好きなアーティストの音楽で書き取り練習ができる

 聞こえてきた音声を書きとるディクテーションというトレーニングはリスニング(主に音声をキャッチする力)に効果がある。自分が認識していた発音と実際のネイティブの発音の違いに気づいた上で、それを真似して発音する練習を重ねることを通して、音声を聞き取る力が効率的に伸びていく。もちろんアーティストによっては発音に癖があることもあるので、基本的には教材として手に入る音声を中心に取り組んでいきたいが、好きな音楽で英語学習ができるのはモチベーションの点からも非常にオススメできる。かといってモチベーションが無ければ学習に取り組めないような状態では心許ないが、気分がのらない時などは誰にでもあるので、そんな時にはこういったサイトを取っ掛かりに使いながら上手に英語学習を習慣化していきたい。

LyricsTraining」は、アーティストのミュージックビデオを使って言語を学ぶサービス。基本的には、音楽を聴いて歌詞を聞き取って穴埋めするというもので、ヒアリングと単語力が鍛えられる。

動画の一覧やジャンル・フリーワードの検索で動画を検索できる

 サイトにアクセスすると、YouTubeなどの動画共有サイトに掲載されたミュージックビデオが一覧表示されている。動画のサムネイルを選択すると「Game Mode」の選択画面になる。ビギナーからエキスパートまで4段階から選択でき、選択したレベルによって穴埋め問題の数が増える。

Game Modeの選択画面。歌詞全体の中から穴埋め問題として出題する割合でレベルは変化する

 動画を再生すると、公式動画が再生される。下部には歌詞が表示され、カラオケのように歌に合わせて歌詞の色が変わっていく。その中で歌詞の一部がマスキングされており、歌詞を聴き取ってそれを入力する。正解すると曲が続き、回答できないと問題を含む一節が過ぎた段階で曲が自動で止まる。

動画に合わせて歌詞が表示され、カラオケのように色が変わる。今回は、歌詞の一節の最後が穴埋めになっている。動画の左下にある早戻しボタンを押すと、数秒前に戻ってもう一度聞き直せる

 歌詞の入力では、正解のアルファベット以外は入力できないため、不正解というよりは正答できない場合に曲が止まる。適当に入力して正解しないように、入力できる文字数が決まっているので、当てずっぽうだけで進めるのは難しい。毎回、出題される単語は異なるので、繰り返し同じ曲で練習できる。

穴埋めの問題。例えばこれは「you're」が正解だった

 曲が止まった場合、巻き戻しボタンをクリックするとその一節の頭に戻って再生されるので、何度も聴き直しができる。UIはよく考えられていて使いやすい。なお、回答をテキストで入力する「Write Mode」と、選択肢が表示されるのでそこから選ぶ「Choice Mode」が用意されており、自身の学習状況に応じて選択するといいだろう。

こちらはChoice Modeの場合

 単に聞き取れた単語を入力するだけでなく、前後の単語の繋がりから文章を推測したり、表現を学んだりといった学習もできる。翻訳機能はないので、実際の意味を学習するには別の作業が必要になるが、聞き取れなかった単語、意味が分からなかった単語を調べて、繰り返し発音を聞き直すことで、学習効果は高まるだろう。

 視聴するミュージックビデオはジャンルやテキストでの検索ができるので、自分のお気に入りのアーティストがいれば、それを積極的に選ぶのもいいだろう。好きな曲なら飽きずに何度でも聞き返せるし、意欲も高まりそうだ。面白いのは、ビデオに国旗が表示されている点で、イギリス、アメリカ、オーストラリアといった具合に、同じ英語でも発音が異なることもあるので、そうした点にも配慮されている。

英語以外にも、スペイン語やドイツ語、日本語などの学習も可能だ。日本語の場合、日本人のミュージックビデオに歌詞がローマ字で表示されるので、聞き取った日本語をローマ字で入力する形になる。

学習言語を日本語にするとガラリとラインナップが変わる

 これまでも外国曲の音楽で英語学習をしていたというのはよく聞く話だ。歌詞カード片手に音楽を聴いて英語を聞き取ろうとしたことがある人は多いだろう。LyricsTrainingは同様の考え方で、より学習に適したサービスを用意した点が特徴だ。

 問題に答えられないたびに音楽が止まってしまうことにストレスを感じたら、「カラオケ」モードもあり、その場合は歌詞が表示されるだけで出題がない。歌詞カードを見ながら音楽を聴くような形で、これなら最後まで曲を楽しめる。 

 スマートフォンアプリも用意されており、同じく4レベルから選択できる。入力問題はなく、選択肢から回答を選ぶ形。カラオケモードも用意されているので、出勤途中にただ聞き流す、歌詞を見ながら聴き取る訓練をするだけでも良さそうだ。アカウントを作らなくても学習はできるが、ログインすればお気に入りやスコアの連携も可能になる。

 歌は曲に合わせて発声している関係上、必ずしも正確な発音ではない可能性はある。日本語の曲で試してみても、同音異義語で迷ったり楽器の音で聞き取れなかったり、問題によってはネイティブでもつまずく場合はある。

 とはいえ、英語を聞き取る訓練としては十分なはずで、継続して繰り返すことで、ヒアリング能力は向上しそうだ。音楽好きなら特に試して欲しいサイトだ。

協力:長束 啓樹(ENGLISH COMPANY)

大学在学中は、外国語学部で英語学・英文学・音声学などを学び、米ケンタッキー州でTESOL(英語教授法)について学ぶ。帰国後は、教育業界で英語指導に携わり実務経験を積んだ。各種SNSを駆使し英語学習に便利なWebサービス等について調べ、実際に使っては周りに紹介している。

カテゴリートップへ