このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

便利なサービスを使って時間短縮で英語を身につけよう

通勤・通学時はロイターの最新ニュース映像で英語に耳を慣らそう「Reuters TV」

2019年11月27日 07時00分更新

文● 小山 安博 協力●長束 啓樹(ENGLISH COMPANY)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCやスマホを使って、英語学習を時短にする便利なサービスやツールなどを紹介する連載。今回は、映像ニュースで英語を学習できる「Reuters TV」を紹介します。

世界中のニュースを映像で視聴できるReuters TV
長束氏のおすすめポイント
時間単位でニュースを選べる、オフラインでも観れる、そして操作しやすいUIですぐにニュースにアクセスできる
 行動科学において習慣にしたい行動(例えば英語学習)があった時に大事なことは、「いつ、どこで、何を、どのくらいやるのか」がしっかり明確になっていること、そしてそれに取り組みやすい環境を作ることだとされている。特に時間を決めずだらだらニュースを読み聞きしてしまったり、オンラインでしかアクセスできず場所を選んだり、または操作しづらいWebサイトやアプリだと英語学習をスムーズに取り組むのは難しいが、これらの問題が起きないこのReuters TVというアプリはお勧めできる。

 Reuters TVは、国際ニュースの通信社である英ロイターが運営するスマートフォンアプリ(ダウンロードはこちら)。iOSとAndroid版がある。このアプリでは映像ニュースを配信しており、世界中のニュースが映像によって報じられている。世界中に支局を持つ巨大ネットワークを生かした幅広いニュースジャンルも魅力で、世界情勢をこれ一本でカバーすることができる。

最新の映像ニュースを英語で視聴できるできるので、英語の学習と情報収集が同時に行なえる

 本来は英語学習用ではないが、映像と音声でニュースを報じるニュースアプリのため、映像を見ればだいたいのニュースの内容は把握でき、そこから音声の内容も想像がつくため、学習しやすいというメリットがある。英語に耳を慣らすという意味でも適している。

前へ 1 2 次へ