このページの本文へ

シンポジウム共催やウェブサイトでの情報発信など予定

東京都とNEDOが水素の普及促進に向け協定を締結

2020年01月24日 11時00分更新

文● 貝塚 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NEDOの理事長 石塚 博昭氏と東京都知事 小池 百合子氏が締結式に登壇した

東京都とNEDOが水素の普及に関する協定を締結

 東京都と国立研究開発法人エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1月23日、水素エネルギーの普及促進に向け、基本協定を締結したと発表した。

 次世代のエネルギーとして注目される「水素エネルギー」の活用の推進、技術開発の推進、社会受容性の向上を図ることを目的としている。

小池 百合子氏が締結書にサインをした

 今後、東京都とNEDOは、水素エネルギーの普及促進に向け、「それぞれが実施する事業の相互協力」「水素エネルギーの広報・啓発活動」の面で協業する。

イベントの共催や、YouTuberとコラボした情報発信も予定

 具体的には、「東京スイソミル」など東京都の所有する施設を通じた情報発信やコンテンツ提供、福島県浪江町で実施している「Power to Gasプロジェクト」で製造した水素の都内イベントでの活用などが見込まれている。

 また各種シンポジウムの開催でも協力する。第一弾としては、1月30日に開催する「東京都主催・水素エネルギー推進セミナー」で、NEDOが特別講演を実施することが明かされている。

石塚氏は「東京都が持っているメッセージ力、NEDOの知見、双方のネットワークを組み合わせることで、相乗効果が生まれると期待」と話す

 さらに、水素に関するウェブサイト「Powerd by H2」を開設し、コミックによる情報発信や、YouTuberとコラボレーションした体験者目線での情報発信をしていくことも予定している。

Powerd by H2も開設した

 NEDO理事長の石塚 博昭氏は「水素の利活用については、まだ第一歩を踏み出したばかり。普及のためには社会の理解が必要で、水素が身近に感じられる社会を作ることがNEDOの使命ではないかと考えています。東京都が持っているメッセージ力、NEDOの知見、双方のネットワークを組み合わせることで、相乗効果が生まれるのではないかと期待しています」と話した。



■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ