このページの本文へ

発売記念として初期ロットはメモリー増設

サードウェーブ、オールラウンドに使えるノートパソコン「Critea DX-W7/W3」

2020年01月17日 18時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Critea DX-W7

 サードウェーブは1月17日、インテルCore i7/i3プロセッサーを搭載する15.6型スタンダードノートパソコン「Critea DX-W7/W3」2製品を発売した。

 「Critea DX-W7」はインテルCore i7-8565Uを採用、16GBメモリーと500GB SSDを搭載する。価格は8万7978円。「Critea DX-W3」はCore i3-8145Uを採用し、8GBメモリーと250GB SSDを搭載し、価格は6万5978円。

 いずれのモデルもオフィスソフト「WPS Office Standard」を標準搭載(カスタマイズでMicrosoft Officeに変更可能)。また、Critea DX-W7は発売記念キャンペーンとして初回ロットのみメモリーを8GBから16GBに増設した特別モデルで販売する。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ