このページの本文へ

マカフィー、最高経営責任者にピーター・リーヴ氏を任命

2020年01月17日 17時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは1月16日(現地時間)、同社の取締役会が、ピーター・リーヴ氏を最高経営責任者に任命したと発表。2月3日から、最高経営責任者に就任する。

 現最高経営責任者であるクリス・ヤング氏は、移行を支援するアドバイザリーとしてマカフィーに留まり、TPGキャピタルのシニアアドバイザーを務めるとのこと。

 リーヴ氏は、PolycomやNCR、Motorolaなどで幹部を務めた経験を持ち、現在はBoxおよびProofpointの役員を務めている。

 リーヴ氏は「このエキサイティングな時期にマカフィーに入社できたことをうれしく思います。チームと協力して、今後の重要な成長機会を追求することを楽しみにしています。マカフィーは、世界最大かつ最も重要なサイバーセキュリティブランドの1つであり、革新と卓越性にコミットしています。マカフィーの先進的な顧客中心のアプローチを維持することにより、急速に変化するサイバー脅威から個人、企業、コミュニティを保護する上で非常に重要な役割を果たし続けると確信しています」と述べた。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる