このページの本文へ

いじめや虐待に苦しむ子どもへ…『こども六法』に大反響が集まる理由

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2019年8月に刊行された『こども六法』。これまでにありそうでなかった「子ども向けの法律書」として、発売されるやいなや品薄が続くほどの大ヒットとなった1冊だ。著者の山崎聡一郎氏は「いじめや虐待に苦しむ子どもたちが、自分自身を守る方法を伝えたい」との思いから本書を執筆したという。その背景には、筆者自身のいじめ被害経験がある。(清談社 ますだポム子)

被害者と加害者の両方を経験し
いじめ問題の難解さに気付いた

『こども六法』の表紙
5歳児から社会人まで、幅広い層に読まれている『こども六法』(弘文堂)

 令和最初の夏が終わりかけた頃、『こども六法』(弘文堂)は発売された。本書は、日本国憲法・刑法・民法・商法・刑事訴訟法・民事訴訟法の6つの法律からなる「六法」を、子どもでも読みやすい表現に訳して収録した法律書だ。ただし『こども六法』というだけあり、子どもにあまり関係のない商法の代わりに、少年法といじめ対策推進法を掲載しており、まさに「子どものための法律書」となっている。

 著者の山崎聡一郎さんの専門は社会学。法律の専門家ではない山崎さんが法律書を上梓しようと決意したのは、過去に自身が受けたいじめがきっかけだという。

「小学校5年生から2年間、いじめの被害に遭っていました。その後、中学生になって図書館で六法全書を読んだんです。そのとき、『いじめられていた当時の自分に法律の知識があれば、自分の身を守れたのではないか…』と後悔しました。そこから、自分自身を守るために法律の勉強を始めたんです」

 自身がいじめ被害者だった山崎さんは、「子どもが自分の身を守れる武器が欲しい」と考え、その答えが「法律」だったのだ。さらに山崎さんは、中学生になるといじめ加害者の立場も経験。この経験が、『こども六法』を生み出そうという気持ちを強くしたという。

「僕がいじめ加害者になったのは、部活動のトラブルがきっかけでした。自覚はありませんでしたが、今思えばやはり、自分は加害者になっていたと思います。もちろん、その事実に気付いたときはショックでしたし、なかなか認められませんでした」

子どもに届けるからこそ
表現にこだわった

 今年の10月には、神戸の小学校で教員が教員をいじめるという前代未聞の事件が起きた。加害者の女性教諭は謝罪文で「自分の思いがあって接していたつもり」「かわいがってきた」などと述べている。山崎さんは「子どものいじめの場合も同様で、『仲良くしているつもり』と、加害者側の加害意識は極めて低いんです」という。

「いじめは、被害者と加害者の間で、行為に対する認識にズレがあるんです。僕はどちらの立場も経験したからこそ、『いじめ』という問題がいかに複雑なのか、そして解決が難しいのかを痛感しました」

 そんな思いを抱えて大学へ進学し、いじめの問題について研究することを決心した山崎さん。自分が「子どものときに法律の知識を持っていれば良かった」と思ったことと、法教育が進められているという昨今の教育現場の状況も踏まえ、法教育を通じた「いじめ問題」へのアプローチが始まったという。

「たとえ多くの需要がなくとも、小学生の頃の自分はこういう本が欲しかった。過去の自分へ贈りたいという一心で、学部3年生のときに『こども六法』のプロトタイプを作りました。そこから、このプロジェクトに協力してくれる人々が集まりました。それからクラウドファンディングで資金を募って、プロトタイプの発表から約5年後に、ようやく出版までこぎ着けることができました」

 プロトタイプの完成から出版までの年月を、山崎さんは「しんどい5年間でした」とこぼす。なかでも、子どもでも理解できる文章へ近づけるという、本書最大の特徴を作り出す行程は、困難を極めたという。

「子ども向け」だが
大人もうなる読み応えを追求

「原文から訳している以上、ニュアンスが落ちたり、意味が変容したりというのはどうしても起きてしまいます。そのなかでも極力正確さを維持しながら、子どもでも理解しやすい表現にするというのは、非常に大変でした。僕は法律に関しては素人なので、監修を担当してくださった専門家の皆さまと、頻繁に慎重な検討を重ねましたよ。でも、専門的に勉強していないからこそ、『子ども向けに読みやすくした六法を作ろう』なんていうむちゃなことを思いつくことができたのかもしれません(笑)」

 法の専門家はもちろん、東京都行政書士会広報部の協力で、本書のメインターゲットである10~15歳の子どもたちからも意見をもらったという。法律・教育の専門家からは表現について『もっとかみ砕いたほうが良い』『思い切って全部マンガにしてみては?』など、より分かりやすい表現を勧められたが、山崎さんは必要以上に難易度を下げることはしなかった。

「第一に、子ども向けだからといって、『子ども扱い』をしないように注意しました。子どもの尊厳を傷つけないためというのもありますし、やさしすぎる内容では興味を持ってもらえないと思ったからです。子どもは大人の世界や社会に憧れがあるので、大人もうなるような読み応えのある内容にすることで、子どもが手に取りたくなる本を目指しました」

 内容のレベルは下げず、しかし理解しやすさは損なわない。この絶妙なバランスこそが、子どもの興味を刺激するのだ。

当事者だからこそ
分かる感覚を大切に

 子ども向けではあるが、少し背伸びをしたテイストに仕上げた『こども六法』。山崎さんのなかで、そのこだわりが最も反映されているのが、なんと、「カバーを外したときの表紙」のデザインだという。

カバーを外せば、「デキる風」のクールな装丁に

「カバーのイラストは、販売戦略などの理由から児童書らしいデザインにしました。でも、かわいすぎる装丁の本を持ち歩くことに抵抗がある子どももいるのでは、と思ったんです。特に男の子は嫌がるかな、と。だから、カバーを外したデザインは辞書っぽくて『デキる風』のクールな装丁にしてもらいました」

 さらに山崎さんは、いじめ被害経験者という側面からも、執筆時に気をつけたことがあるという。

「巻末に『いじめで悩んでいるきみに』というメッセージを載せています。そのなかで『いじめの証拠を残そう』と伝えていますが、これは監修者の方のアドバイスもあり、残せない子が多い前提で、『残せる子は残してください』という表現を意識して書きました。いじめの被害経験者ほど、『こうやって戦え!』と、強い言葉で訴えかけたくなる気持ちは分かるのですが、それが逆に子どもを追い詰めてしまうことになりかねませんから。あくまで選択は子ども自身に委ねるように意識しましたね」

 被害者ほど加害者に転じやすい。明確な根拠はないものの、自身の経験からそうした危険性を感じるという山崎さんは、子どもを追い詰めない言葉遣いに注意を払ったという。

大人も外国人もタメになる法律書
将来的には「各教室に1冊」が目標

 当初、10~15歳を対象年齢として作成した『こども六法』であったが、いざ出版してみると反響はすさまじく、とある保育園からは「卒園時に全卒園生に配布したい」という申し出もあったそう。山崎さんは「保育園児にはさすがに早すぎるのでは…?」と思ったが、5歳児も夢中で読んでいるという。

 本書に夢中なのは「子ども」だけにとどまらない。SNSをのぞくと、20~30代の社会人にも人気が高いことがうかがえる。学生時代の言動を振り返ったり、職場での人間関係を省みたりと、大人にも「タメになる」と注目を集めているのだ。さらに、意外な層からも反響があったという。

「外国人留学生や外国人労働者など、日本で暮らす外国人からの反響が多く、驚きました。『こども六法』は、文章内の漢字にすべてふりがなを振っていて、極端な話、平仮名が読めれば全文読めるようになっているんです。日本で生活をしている外国人も『平仮名なら読める』という人も多いので、手に取ってもらえたみたいですね」

 すべての漢字にルビを振ったことで、誰もが読めるオンリーワンの法律書となっているのだ。

「多くの人が手に取ってくれることはうれしいですが、それだけこの本を必要としている人がいるという事実には、同時に悲しさも覚えますね。僕がこのプロジェクトの中間ゴールとして掲げているのは、この本を全国の教室に必ず1冊置いて、必要なときにいつでも手に取れる状態にすることです」

実際の六法のように
改訂もしていく予定

 さらに、この本を通じた「教育」にも力を入れたいと、山崎さんは語る。

「この本のベースには『法教育』がありますから、小中学校の先生に、法教育の授業の教材として使ってもらいたいな、と思いますね。そのために、授業のモデルケースとなる動画をYouTubeなどにアップロードするなど、用意を進めていきたいと考えています。その上で、『こども六法』を用いた法教育の授業や、学級に置いてみての反響をレビューサイトに集約し、導入するメリットや問題点を明らかにして、改訂の際の参考にできればいいですね」

 実際の六法も毎年改訂版が出るように、こども六法もアップデートしていくというわけだ。まだ先になるが、2022年春には民法改正が行われるため、改正を反映した改訂版を出版する予定だという。

 最後に、改訂版以外の、続編や類書の出版予定はないのかを質問した。すると、「慎重に検討しています」という答えが返ってきた。

「世の中で必要とされていると自分が感じる本や、僕が書くことで説得力が増すなど、僕が著者である必然性がある内容の本であれば出しますが、そうでないなら、僕以外に最適な著者の方がいると思うので。新しい本を出すよりは、まず、この『こども六法』を普及していくことが最優先だと考えています」

 子どもでも分かる文章であることを第一に、端々にはいじめ問題の当事者だからこその説得力ある言葉がちりばめられた『こども六法』。子どもや親だけでなく、職場で悩みを抱える社会人にも、ぜひ手にしてもらいたい1冊である。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ