このページの本文へ

データを消してもフォーマットしても1年間の保証期間内で1回限り、無償で復旧、無償で復旧

データ復旧サービス付きUSBメモリー「MF-DRU30シリーズ」が登場

2019年12月03日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは12月3日、「データ復旧サービス」が付いたUSBメモリー「MF-DRU30シリーズ」を発表。12月上旬に発売する。

 USB規格はUSB 3.2(Gen1)に対応し、高速のデータ転送が可能。端子保護キャップ付きで、ストラップを装着できるストラップホールを装備。

 データ復旧サービスは1年間の保証期間内で1回限り、無償で提供。誤ってデータを消してしまったりフォーマットしてしまうなどのミスをした場合でも復活できる可能性がある(必ずしもすべてのデータが完全に復旧することを約束するものではない)。

3種類の容量それぞれにブラックとホワイトの2モデルがラインアップ 

 また、同社ウェブサイトからダウンロードできるパスワード自動認証機能付暗号化セキュリティーソフト「PASS(Password Authentication Security System)×AES」または「PASS(Password Authentication Security System)」の利用も可能。容量は16GB/32GB/64GBの3種類、価格はいずれもオープンプライス。


カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース