このページの本文へ

月2000通送られるExcelデータのメールを自動変換するRPA事例

2019年12月02日 15時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユーザックシステムは11月29日、提供するRPA「Autoメール名人」を導入した国分ビジネスエキスパートにおける、業務効率化の事例を公開した。

Autoメール名人のフロー画面

 Autoメール名人は、メール業務の自動化に特化するとうたう、メーラー内蔵のRPA。2010年7月の発売以来、充実したサポート体制や使いやすさから、さまざまな業種・業務において導入されているという。

 国分ビジネスエキスパートは、2015年にAutoメール名人を導入。約1ヵ月のテスト稼働を経て、毎月メールで送信される2500通の出荷情報のExcelデータを、業界標準のフォーマットに変換する作業を自動化したとのこと。また、毎月8000件の支払明細書のFAX送信作業を完全自動化したという。

 国分ビジネスエキスパートは現在、Autoメール名人を業務に活用するのはもちろん、「時間と手間がかかる」業務を抱える部署にRPAやAI展開の支援をする仕組みを作り、業務効率化とデジタルトランスフォーメーションにも取り組んでいるとのこと。

カテゴリートップへ

ピックアップ