このページの本文へ

Western Digital「WD Red SA500 NAS SATA SSD」

NASに最適な「WD Red」シリーズから初のSSDが7製品登場

2019年11月30日 23時56分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Western Digitalから、NAS環境に最適なSerial ATA対応SSD「WD Red SA500 NAS SATA SSD」シリーズが発売された。

NAS環境に最適なSerial ATA対応SSD「WD Red SA500 NAS SATA SSD」シリーズ

 発売されたのは2.5インチモデルが4製品、M.2 SSDモデルが3製品。24時間365日稼働するNAS環境で膨大な読み取り/書き込み負荷への優れた耐性を誇るとしている。

 基本スペックは、転送速度がシーケンシャルリード560MB/sec、同ライト530MB/sec、ランダムリード95000IOPS、同ライト85000IOPS、MTTFは200万時間。

「WD Red」シリーズ初のSSD。24時間365日稼働するNAS環境で膨大な読み取り/書き込み負荷への優れた耐性を誇る

 ラインナップおよび価格は2.5インチの500GB「WDS500G1R0A」が9380円、1TB「WDS100T1R0A」が1万8601円、2TB「WDS200T1R0A」が3万7200円、4TB「WDS400T1R0A」が7万800円。

 M.2の500GB「WDS500G1R0B」が9380円、1TB「WDS100T1R0B」が1万8601円、2TB「WDS200T1R0B」が3万7200円。

 パソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中