このページの本文へ

総額1000万円超、点音源・卵型スピーカーとハイエンドアンプの組み合わせ

2つの英国ブランド、「Node HYLIXA」と「Chord Ultima 3」が発表

2019年11月15日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 タイムロードは11月15日、英Node Audioのハイエンドスピーカー第1弾「HYLIXA」の取り扱いを開始すると発表した。価格は572万円(ペア)。受注生産で納期は2ヵ月ほど。受注開始は11月22日から。

 Nodeは2018年1月に、イギリスに発足したばかりの新進ブランド。2名の創業者はもともと工業デザイン事務所を経営していたが、その会社を譲ってケンブリッジで創業したのがNODEだ。HYLIXA(ハイラクサ)はその第1作となるハイエンドスピーカーとなり、「ワイドレンジ」「点音源」「小型軽量」の3点にこだわって、設計された。

 3ウェイスピーカーでありながら、小型の筐体とするために、直径14cmのウーファーは後方に向けて配置している。これが渦巻き状で、長さ1.6mの音導管を通じて、前面のスリットから放出される(ヘリカル・トラスミッション・ライン構造)。ガラス配合のナイロン材は、0.2mmと解像度が高く複雑な形状が作れるレーザー焼結法の3Dプリンターによって実現している。内部には吸音材なども使用せず、シミュレーションを通じて厳密な位相管理をするのが特徴だ。カタログ上は59Hz(-6dB)の再現が可能。

ウーファーは後ろ向き、ミッドレンジ・ツィーターは前方に向けて設置されている。
断面図写真のようにウーファーの音が筐体内をぐるっと回って前に放出される。
低音はスリッドから出て、中域・高域と合成される。

 ミッドレンジは直径4.5cmのバランスドモードラジエーターを使用。丸型の平面振動板で、ユニットの口径に比して広い帯域が取れることに加え、指向性が180度と広い点が特徴だ。また、平面振動板ゆえ、高域の再生時には分割振動が起きるが、これを逆に利用して広帯域を導いている。このユニットが担当するのは200Hz~5kHzまでだ。

 ツィーターは直径2.5cmのリングラジエーターで、5kHz以上の帯域を担当する。

 これらを小型の筐体に収めることで、点音源に近い再生とした。スタンドと一体化した本体のサイズは幅433×奥行き278×高さ433mmで、重量は15kg。クロスオーバー部はスタンド支柱部に収められている。能率は82.4dB/mと低く、最小インピーダンスも100Hzの再生時に2.6Ωとかなり低いため、アンプにはかなりの駆動力が求められる。

 エンクロージャーは回折を嫌った流線型のフォルムとしており、ネジのつなぎ目ですら音質に影響するということで、表面にネジ穴が出ない設計にしている(ステルスキャビネット)。なお、受注生産ということもあり、本体色は自由に選ぶことができる。イギリスでは、自動車メーカー・ベントレーの100周年イベントでレーシンググリーンに塗ったHYLIXAが披露されたという。

 また、受注から納品までの期間には、製品制作過程を示すPDFなどが送付され、進捗状況が分かるようになっているそうだ。本体の梱包には、スパイクフットのほか、正確な設置をするための水準器なども付属。新興メーカーとは言え、先行製品を研究して独自のノウハウを取り込んだ意欲作と言える。

同じくイギリスのChordからは最高級モノアンプ

 また、タイムロードは同日、英Chord Electronicsの新型モノラルパワーアンプ「Ultima 3」の取り扱いを開始すると発表した。価格はペア418万円。受注生産となり、受注開始は11月22日から。

 Chordのフラッグシップとなる“Reference Range”に属するフルサイズ機。よりコンパクトな“Choral Range”に属する「Etude」で採用したフィードフォワード型回路を採用しつつ、余裕のある電源部と1台あたり480Wの高出力化を果たした。

 MOS-FETを使ったAB級増幅で、電源にはスイッチング回路を用いている。トランジェントの良さが特徴で、スルーレートが先代機に比べ10倍以上も高速化したという。

 本体サイズは幅480×奥行き360×高さ150mmで、重量は22.4kg。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン