このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

X指定版がiPhoneでもプレイ可能!?生まれ変わった「ガールズシンフォニー:Ec 〜新世界少女組曲〜」の魅力に迫る

2019年11月28日 20時00分更新

文● 齋藤直樹 編集● ジサトラハッチ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バトルシステムは一新!
最強の楽団を編成して強敵に挑め!

 前作から一番大きく変わったのは戦闘のシステムだ。前作は陣形を軸としたターン制バトルだったが、リニューアル後はシステムを一新、リアルタイムバトルとなった。戦闘参加メンバーを「コンバット」というグループに編成し戦闘に挑むと、各キャラクターは自動で戦ってくれる。

バトルはリアルタイムで展開するオートバトルになった。

 プレイヤーはこの戦闘に参加するキャラを編成するだけではなく、戦闘中は各キャラクターが持っているスキル「音楽魔法」を発動するタイミングを指示することになる。音楽魔法は時間で溜まるゲージが一杯になると使用可能になるクールタイム系のスキルシステムだ。

「音楽魔法」はゲージが溜まると任意のタイミングで発動できる。

 さらに、「コンバット」とは別のグループ、戦闘には直接参加しないが、演奏で戦闘を補助する「オーケストラ」に楽団員を編成しておくと、「黄金の旋律」という強力な演奏が使えるようになる。戦闘中、画面左側のゲージに溜まっていくハーモニーを消費することで発動する。いわゆる全体魔法や大魔法のようなスキルで、戦局を大きく変える威力がある。

 各キャラの攻撃など演出には非常に力を入れているようで、わちゃわちゃとハイテンポで展開する戦闘は見た目に楽しい。操作感覚としては、ドルフロなどのような近年のソシャゲで主流のトレンドを踏襲しているので、コツはすぐに掴めるだろう。

演奏会を開演することで報酬として観客からアイテムをもらえる。

 クエストでは「コンバット」に編成した楽団員が主役だが、「オーケストラ」に編成した楽団員を対象とした「演奏会」というコンテンツもある。敵と戦うわけではないが、町中で演奏会を開催して観客の評価を獲得するミニゲームとなっている。

 演奏後は観客から報酬をもらえるのだが、観客ごとに好みの曲目があり、もらえるアイテムの傾向も異なっている。そのため、特定の観客を狙って盛り上げて、目当てのアイテムを稼ぐことができるようだ。

 このほか、遠方へキャラを派遣する「遠征」もある。他のゲーム同様、ログアウト中にキャラを育成、アイテムを獲得するシステムだ。

ログアウト中にはキャラを遠征に出して報酬を稼ごう。

スマホにも正式対応……つまりiPhoneでもムフフシーンが観られる!

 ブラウザゲームの場合、PCブラウザ用に作られていて、スマホブラウザではUIが崩れたり、そもそも動作しないゲームもある。しかし本作は、スマホにも正式に対応しているので、スマホブラウザでログインしても快適に遊ぶことができるという。

 ちなみに、DMM GAMESのR-18版ゲームの多くは、Androidのみ対応の「DMM GAMESストア」アプリから、インストールして遊べる。しかし、本作のR-18版は、スマホブラウザでも動作するため、iPhoneでもプレイ可能。今までiPhoneを使っていたため、PCでないとR-18版が遊べなかった、という人でもあーんなシーンやこーんなシーンがスマホやタブレットで気軽に楽しめるのだ。

スマホでもPCと同様に動くだけじゃなく、小さい画面で操作しやすいUIにデザインされている。

カワイイキャラのあられもない姿がiPhoneでも堪能できるとは、サイコーか!

 リリース後は前述の通りシナリオが継続的に更新されて増えていく予定。もちろんイベントも随時開催され、キャラクターも毎月追加されるとのこと。前作でキャラを集めきっている廃プレイヤーでもずっと遊ぶことができるという。

 その他、コラボの展開も構想中とのことで否が応にも期待が膨らむ。前作のプレイヤーにとって正式サービスインが待ち遠しいのはもちろんのこと、前作のときはいつの間にかサービスが休止していて出遅れたという人も、本作の正式リリース時には今度こそ真っ先に参入したいところだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

DMM GAMES 記事アクセスランキング

FANZA GAMES 記事アクセスランキング