このページの本文へ

Intel「Core i3-9100」、「Celeron G4950」

インテルのローエンドCPU「Core i3-9100」と「Celeron G4950」が発売

2019年10月25日 23時47分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルの第9世代Coreプロセッサーから、新モデル「Core i3-9100」が発売。同時に「Celeron G4950」も店頭に並んでいる。

今日25日から販売が始まった新モデル「Core i3-9100」と「Celeron G4950」

 「Core i3-9100」は、4コア/4スレッドでクロック周波数3.6GHz(tb時4.2GHz)のLGA 1151対応CPU。内蔵GPU機能にIntel UHD Graphics 630を備える。共有スマートキャッシュは6MBで、TDPは65W。なお、今年5月には、GPU機能を省いた「Core i3-9100F」が発売済みだ。

4コア/4スレッドでクロック周波数3.6GHz(tb時4.2GHz)の「Core i3-9100」

 同時に登場した「Celeron G4950」は、2コア/2スレッドでクロック周波数3.3GHzのLGA 1151対応CPU。内蔵GPU機能にIntel UHD Graphics 610を備える。キャッシュは2MBで、TDPは54Wとなる。

2コア/2スレッドでクロック周波数3.3GHzの「Celeron G4950」

 価格は「Core i3-9100」が1万5800円、「Celeron G4950」が7599円。パソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中