このページの本文へ

高性能DAC搭載でハイレゾ音源に対応

スマホなどのUSB Type-Cに有線イヤフォンを接続する変換ケーブル、エレコムより

2019年10月23日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは10月23日、スマホやタブレットのUSB Type-C端子をステレオミニ端子に変換するケーブル「D-C35SDシリーズ」を発表。11月上旬に発売する。

 USB Type-C端子しか搭載していないようなスマホやタブレットでもステレオミニ端子(3.5mmステレオミニプラグ)を持つステレオイヤフォンやヘッドフォンを接続して楽しめる変換ケーブル。4極ミニプラグ(CTIA規格)を搭載したマイク付きイヤフォンに対応しており、通話も利用可能。

ハイレゾ対応イヤフォンと組み合わせてハイレゾ音源を楽しめるホワイトモデルも用意される

 PCM(最大96kHz/24bit)にも対応する高性能DACを採用し、日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠した高音質モデル。ハイレゾ対応のイヤフォンと共に使えばハイレゾ音源を楽しめる。

 外皮にはナイロンメッシュを使用してケーブル表面のキズを防止、高密度配線構造を採用して屈曲に対する耐久力を強化、ブッシュ部には屈曲による衝撃を和らげるエンボスを付けてコネクタ根本を強化するなど耐久性も高めている。価格は2805円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース