このページの本文へ

ニュルFF最速のDNAを受け継ぐ「メガーヌR.S. トロフィー」が日本上陸!

2019年10月12日 15時00分更新

文● 栗原祥光 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

恐ろしく速いFF車はいかが?
「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー」日本導入!

 ルノー・ジャポンは「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー」を10月31日より国内導入すると発表した。価格はAT(6EDC)車が499万円、MT車が489万円(ともに税込)。

 メガーヌR.S.トロフィーは、現在発売中のメガーヌR.S.(448万1000円)の上位モデル。今年4月5日、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、FF市販車最速となる7分40秒100を記録した「メガーヌR.S.トロフィーR」のDNAを強く受け継ぐ最強モデルだ。

 1.8リットル直4ターボエンジンは、メガーヌR.S.に比べて約20馬力増となるパワフルな最高出力300ps、最大トルク 420N・m(EDC)/400N・m(MT)を発生させる。

 この強心臓が発生する出力は、6速セミオートマATのほか6速MTに伝達される。メガーヌR.S.はATのみであったため、よりスポーティーなドライビングを楽しみたい人にとってMTグレード追加はうれしいだろう。

 コーナリングスピード向上/ロール低減のため、今年限定販売された「シャシーカップ」と同様のダンパー、スプリング、アンチロールバーのレートを高められたほか、トルセンLSDを装備。さらに前輪アルミ製ハブ/鋳鉄製スリット入りブレーキディスクを備え、冷却性能の向上と軽量化を実現した。またスポーツエキゾースト(アクティブバルブ付)や19インチアロイホイール「TROPHY」、レカロ製フロントバケットシート(アルカンタラ)、R.S.用ナパレザー/アルカンタラステアリングなどを装備する。

 ボディカラーはジョンシリウスM、ブランナクレM、グリチタニアムMの3色をラインナップする。

グリチタニアムM
ジョンシリウスM
ブランナクレM

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ