このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第362回

ミンチー・クオ氏の予測:

iPhone SE 2、2020年前半発売か

2019年10月05日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは2020年第1四半期に低価格なiPhone SE 2を発売する。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏がその予測を10月3日に発表した。

 同氏によると、iPhone SE 2はiPhone 8に似たデザインと仕様を持つという。ただし、プロセッサーにA13 Bionic、メモリーは3GBとiPhone 8よりもスペックアップしている。

 同氏は「iPhone SE 2はiPhone 6やiPhone 6 Plusを使っているユーザーにとって最良のアップグレードであり、2020年におけるAppleの成長の鍵を握る」と語っている。

 「iPhone SE復活だ! や↑ったぜ!」と喜びたいところだが、デザインがiPhone 8に似ているのであれば4.7インチサイズディスプレーなわけで、それはiPhone SEとは呼べないのではないだろうかと思わなくもない。というかそう思う。

 4インチサイズのiPhoneに帰ってきて欲しい。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中