このページの本文へ

狭額ベゼルで14.1型ディスプレーながら13.3型並みの筐体

ゲーム以外にもいい! MX250搭載14型ノートPCは出先作業でも輝く

2019年10月04日 09時00分更新

文● 林祐樹(@necamax) 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「GALLERIA GWL250YF」

 モバイルしやすいサイズのゲーミングノートパソコンは数少ない。CPUとGPUの性能の向上を狙うと、必然的に熱処理が課題となり、冷却構造に余裕を持たせるために、15.6型や17.3型がまず選ばれる傾向にあるからだ。とはいえ、それほどGPU性能を必要とせず、移動先でもゲームをすることが多いのであれば、モバイル的なゲーミングノートパソコンはほしいハズ。今回チェックする「GALLERIA GWL250YF」は、そんなニーズに応える1台だ。

狭額ベゼルでコンパクトな筐体を実現

 ディスプレーサイズは14.1型だが、狭額縁仕様を採用することで筐体はサイズダウンしており、およそ幅322×奥行222mmと、13.3型に近いサイズとなっている。厚みも約15.95mmとゲーミングノートとしては薄く、カバンやバックパックに収納しやすい。重量も軽く、約1.2kg。これもゲーミングノートとしては超軽量といっていい。そのためゲーミングシーンだけでなく、ある程度の性能を必要とする作業を出先でも行なう場合にも適している。

ベゼル幅は約5mm

 デザインはシンプルに寄せた路線となっているほか、軽量化と放熱性能を高めるべく、アルミを多用している点にも注目すべきだろう。またディスプレーは180度まで開くことができる。これはビジネスシーンではときおり需要のある部分だ。打ち合わせ中に相手にデータを見せる際や、出張先においてノートを立てて、マウスとキーボードで操作するといった場合に重宝する。

天板はシンプルにまとまっている

ディスプレーは180度まで開く

 インターフェースは両側面に用意されており、USB 3.1 Gen1(Type-A)×2、USB 3.1 Gen2(Type-C)×2、HDMI出力、ヘッドセット端子、SDカードリーダーがある。ワイヤレスはBluetooth 5.0、IEEE 802.11ac/a/b/g/nに対応。なおワイヤレス用モジュールはIntel Wireless-AC 9560を採用している。

本体左側にHDMI端子、USB 3.1 Gen2(Type-C)、ヘッドセット端子を配置

本体右側にUSB 3.1 Gen2(Type-C)、USB 3.1 Gen1(Type-A)×2、SDカードリーダーを備える

背面に排気口×2がある

打鍵感良好なキーボード
外でもゲームするならマウスは必要

 キーボードは、ほぼフルサイズのキーボードを採用しており、打鍵感は良好だ。ただし、キーピッチを稼ぐためか、右へ行くほど変則的なレイアウトとなっている。HOMEキーやカーソルキーのレイアウトで好みが分かれそうなところだ。またタッチパッドはそれなりに操作はできるものの、ゲーム用としては厳しい。モバイル向けのマウスをセットで持ち歩くべきだろう。なおLEDバックライトにも対応する。

押すとカチッという感触が指に伝わり、打鍵感良好なキーボード。LEDバックライトにも対応

 底面を見ると、2つの吸気口を確認できる。底面のゴム足が十分な高さを稼いでいるため、テーブルで作業する場合は、背面の排気口を隠さないように注意すればいいだけなのだが、膝上で作業する場合は、吸気口を隠さないような保持をしなくてならない。いくつか試してみたが、中央のゴム足あたりまで膝に載せるスタイルが無難だった。とはいえ、作業性がいいとはいえないため、どうしても机がない場所など以外では、なるべく平面にセットして作業したほうがいい。

底面に2つの吸気口がある

試用機の主なスペック
機種名 GALLERIA GWL250YF
CPU Core i5-8265U(1.6GHz)
グラフィックス GeForce MX250
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレー 14.1型(1920×1080ドット)
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1端子×2、USB 3.1(Type-C)端子×2、HDMI端子、ヘッドセット端子、SDカードスロット
サイズ/重量 およそ幅322×奥行222×高さ15.95mm/約1.2kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ