このページの本文へ

新国立とカンプ・ノウに見る「設計事務所vsゼネコン」の相互領空侵犯 日建設計「カンプ・ノウ」受注の衝撃(下)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スペイン・バルセロナの「カンプ・ノウ」スタジアムの完成イメージ図 提供:日建設計

日本の設計大手である日建設計は、スペインの有名サッカークラブ、FCバルセロナ(FCバルサ)の拠点スタジアムである「カンプ・ノウ」を改修する設計コンペで世界の競合を制し、受注を勝ち取った。しかも、ゼネコンが担うプロジェクトのマネジメントの一部も担当し、工事を行う施工会社を主導する役割を任された。こうした従来の設計にとどまらない受注はスタイルとして定着していくのか。(ダイヤモンド編集部 松野友美)

>>(上)「FCバルセロナ本拠地改修を日建設計が受注、大金星の裏に『ザハ案』の雪辱」を読む

バルサのサッカー場改修で
施工の提案もした日建設計

 日建設計がスペインの有名サッカークラブ、FCバルセロナ(FCバルサ)の拠点スタジアムである「カンプ・ノウ」の改修で、設計を受注する決め手の一つになったのがBIMだった。BIMとは、建物全体の設計図から部品一つまでサイズや数量、仕様など、建設に必要なあらゆる情報をまとめてデータベース化するツール。日建設計はデザインの提案とともにそれを実現するための工期短縮や合理的な工事方法の提案を、BIMを使ってFCバルサに説明してみせたのだ。

 スペインでは4~5年前からBIMの活用が始まっている。しかし、バルセロナがあるカタルーニャ州ではまだほとんど使われていない。カンプ・ノウでの活用は初めてに近いものだった。

 FCバルサは当初、新築(建て替え)も検討していた。ただ、建設中に試合を中止するわけにもいかず、新たな土地を探すとなるとバルセロナを離れる必要があった。それには当然多額の費用がかかる。構造はまだまだ使える状態であり、「歴史的な試合がこのスタジアムで開催された」というファンの愛着も強い。であれば改修という結論に至った。

「1957年新築時のモダンな屋根の形を裏返して、『ひさし』としてオリジナルデザインを生かしてくれた」。FCバルサの第3副会長であり改修プロジェクトの責任者のジョルディ・モイシュ氏は、日建設計のデザインの質にも納得していると語る。

1970年代の「カンプ・ノウ」の屋根に覆われたメインスタンド「トリビュナ(トリビューン席)」。屋根の優雅な角度がスタジアムの象徴だった Photo:SEGUÍ 提供:FC Barcelona

 改修工事の予算は全体的に厳しく、採算性は低い。スタジアムやアリーナ、駐車場や道路などを含めて全体にかかる費用は、約6億ユーロ(1ユーロ=120円で換算すると日本円で約720億円)と見積もっている。もともとスペインの建設費用は安い。

 それでも日本人建築家でカンプ・ノウ改修のための設計コンペで日建設計チームを主導した同社執行役員の村尾忠彦氏は、「パイロットプロジェクトとして活用できる」と意気込む。カンプ・ノウは日建設計がこれまでの経験から得た知見を生かすと同時に、まだ完成していないにもかかわらず“広告塔”になってくれるからだ。

 FCバルサが改修を機に数を増やしたかったエレベーターなどの縦の動線と観客の動きの関係をシミュレーションしたり、先にエレベーターとエスカレーター、階段、設備関係のパイプを集めた「コア部分」をスタジアムの外側に12カ所建設したりするアイデアは、オフィス設計の経験が生きた。

 スタジアムビジネスを伸ばすノウハウも重宝された。日建設計は日本のサッカークラブである鹿島アントラーズが拠点にしている茨城県立カシマサッカースタジアムや、東京ドーム、さいたまスーパーアリーナなどの設計で、グッズを売るショップの経済効果を実感していた。

 だからカンプ・ノウにもショップを設置する提案をして、スポーツ用品を扱う米ナイキの店が入ることになった。来店客が1人約2万円使ってくれるとそろばんをはじいてFCバルサをうならせた。各階の外周のスペースを活用して、人が集まるテラスを設けるほか、レストランも開店する予定だ。

 そして広告塔のパワーが発揮されたのか、中国・北京のプロサッカークラブから施設の設計コンペに誘われたり、日本でも日本サッカー協会(JFA)やJリーグの関係者、スタジアム中心の街づくりをしたい自治体などから、スタジアムやアリーナ施設の設計に関する引き合いが来たりしている。

 国内外でのスタジアム設計の営業を強化する武器になるだけにとどまらず、スポーツ施設以外の設計の受注を目指す際の参考事例としても活用できるという。カンプ・ノウの開放的なデザインは、ホールや人が出入りするような公共施設に通じるところがある。また、歴史的建造物の改修例としても利用できるのだ。

 これまで、カンプ・ノウのように設計事務所が施主に対してデザインだけでなく、施工に関する提案まで行うケースはあまり多くなかった。施工はゼネコンの仕事であるからだ。ゼネコンが現場で働く多様な建設関係の職人たちの指揮を執り、工期順守や低コスト化を目指しながら全体をまとめ上げ、施工を進めるというのが常だった。

 建築生産のフローの上流である施主の要望は絶対である。施主に最も近いところにいるのが設計事務所などの設計者。設計者は施主の要望を基に設計図を描いて、その図面を基にゼネコンが施工図を描き、実体化していく。

 この過程がスムーズに流れずに調整が発生すると、手戻りが生じたりコストが高騰したりするといった混乱を招くことがある。ゼネコン関係者からは、「設計事務所は、実際には建てられないような設計図を描いてくることがある。そんなことが続くと、もはや設計事務所など要らないのではと思ってしまう」という声も聞こえる。

 2020年の東京五輪・パラリンピックの会場の一つになる新国立競技場の建設では、当初建築家の故ザハ・ハディド氏(ザハ・ハディド・アーキテクツ)のデザイン案の実現に向けて、設計事務所はコストや規模などの基本設計の条件を整理する業務を行った。施工図を描く前の段階だったが手を焼いたという。まさしく “調整”と呼ぶべきものだったのだろう。

東京五輪会場の新国立競技場は
ゼネコン主導で設計した

 新国立競技場のザハ案に日建設計も協力していたが、工事費膨張に伴い白紙撤回された。コンペはやり直し。新たな案が採用され、大手ゼネコンの大成建設と梓設計、隈研吾建築都市設計事務所による共同企業体(JV)によって建設が進んでいる。

 当初案からやり直すことになり、短い施工期間で完成させなければならないという悪条件の中、デザインビルド方式が採用された。これは設計と施工を一元化する手法で、ゼネコンも設計に関わる。つまり大成建設は施工だけでなく設計でも重要な役割を果たした。

 設計・施工一括方式の採用により、ゼネコンが仕事を進めやすいJV布陣となり、状況は好転した。

“ゼネコンが仕事を進めやすい”この方式では、プロジェクトの早い段階から施工しやすい設計図をゼネコンの設計部門と外部の設計事務所が検討できた。同じパーツを多用することで、工事中に職人の技術が習熟して作業のスピードアップを図れた。工事は順調に進み、予定通り11月末に竣工する見通しだ。

 もっとも、大手ゼネコン関係者は「新国立競技場におけるゼネコンの主導は、時間が制約された状況だったからだ」と言う。ゼネコンが設計を仕切るのはまだまれなケースだろうとみる向きは多い。設計事務所が施工会社の領域に踏み込むことも、その逆も、国内ではプロジェクトとして今のところメジャーなやり方ではない。

 結局のところ、施主にとって、設計事務所とゼネコン、どちらの主導が良いのか。

FCバルセロナのカンプ・ノウ改修プロジェクト(エスパイ・バルサ)コミッショナーのジョルディ・モイシュ氏 Photo by Tomomi Matsuno

 モイシュ氏は「大きなプロジェクトなので施工会社を後から入れる。コンセプトの決定後、設計事務所が施工会社を選ぶ方が効率がいい」と語る。ただこれは、仕事の範囲が広い日本のゼネコンと違って、海外のゼネコンは設計か施工のどちらかを行うなど専門分野がはっきり分かれているという事情も関係しているようだ。

 国内の大手デベロッパーや設計事務所の関係者は、「ゼネコンが設計・施工をするケースもあるが、内訳をよく見るとコストが割高だったりすることがある。本当に施主にとって良い提案になっているのかよく見極めないといけない」「事情を知っていて、ゼネコンに設計・施工を絶対に発注しない施主もいる」とゼネコンの主導に懐疑的だ。

 日建設計の村尾氏は「われわれ設計者は設計だけでなく、施工もよく分かっている。だからゼネコンと同じように施工を提案できる」と自信をのぞかせる。

 日建設計は、3次元に時間軸を加えた4次元で工事を仮想竣工する4Dモデルジェネレーションを導入することで、図面発注時に施主やゼネコンとコストを共有できるように環境を整えた。

 BIMの活用を拡大すれば、いずれフローの下流に当たる施工段階でもBIMは活躍するだろう。ゼネコンと職人たちの間で工事の課題を共有するときに役立てることだってできる。最新技術によって設計事務所とゼネコンの仕事は近づきつつある。そしてBIMの活用は、工事の透明性を高める。

 近年、大手ゼネコンの売上高は2兆円前後(19年3月期)と巨大化しているが、設計事務所の規模はまだそれよりもずっと小さい。国内首位の日建設計でも売上高は420億円程度(18年12月期)。しかし、武器となるのは規模ではない。進化する技術を武器に、事業領域を広げようとする設計事務所とゼネコンのバトルが始まっている。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ