このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第38回

ZenFone 6 実機レビュー = 回転カメラが最強すぎて「セルフィー番長」スマホだっ!!-倶楽部情報局

2019年09月25日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、先週にASCII倶楽部で公開した「ZenFone 6 実機レビュー = 回転カメラが最強すぎて「セルフィー番長」スマホだっ!!」を紹介します。




 現在のスマホの流行りは、カメラの高画質化、カメラのデュアルorトリプル化、そして全画面ディスプレー。これらすべてを「フリップ」するカメラ機構により実現したのが、ASUSの6.4型Androidスマートフォン「ZenFone 6」だ。

ASUS「ZenFone 6」RAM6GB/ROM128GB版:直販価格6万9500円、RAM8GB/ROM256GB版:直販価格8万2500円

4800万画素標準カメラ&1300万画素広角カメラを
イン&アウト両方で使える!

 ZenFone 6には、4800万画素(F1.8)の標準カメラ、1300万画素(F2.4)の広角カメラがデュアルで搭載され、アウト側からイン側に跳ね上がる「フリップカメラ」システムが採用されている。つまり標準&広角カメラを背面と前面の両方で利用できるわけだ。残念ながら望遠カメラは搭載されていないが、4800万画素の超高解像度、かつF1.8と非常に明るいレンズで自撮りできるのは、本製品の大きなアドバンテージだ。セルフィー番長と言っても過言ではない。

左が4800万画素の標準カメラ、右が1300万画素の広角カメラ。カメラ中央にはデュアルLEDフラッシュとレーザーオートフォーカスが装備。これらもセルフィーで利用できる点もフリップカメラならではのメリットだ
フリップしたときの背面はこうなっています。
フリップする前はこのカタチですね。
途中で止めると、上から画面を見ながらローアングル撮影なども可能となります。

SD855/RAM6GB/ROM128GBで
6万9500円は驚異のコスパ


 続きは「ZenFone 6 実機レビュー = 回転カメラが最強すぎて「セルフィー番長」スマホだっ!!」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1260(2019年12月10日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1259(2019年12月3日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 2020 冬の超お買物特大号

  • 週刊アスキー No.1258(2019年11月26日発行)

  • 週刊アスキー No.1257(2019年11月19日発行)

  • 週刊アスキー No.1256(2019年11月12日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事