このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

東京ゲームショウ2019レポート第64回

DMGのmelofo選手によるプロの凄技グレ投擲も、ぶっちゃけトークショーも実施

TGSのMCJブースでプロゲーマー4チームの選手がPUBGドン勝チャレンジ!

2019年09月16日 10時30分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LEVEL∞×PJS -PUBG e-sports STAGE- エキシビジョンマッチ」が開催

 9月14日、東京ゲームショウ2019のMCJグループのブースで、「LEVEL∞×PJS -PUBG e-sports STAGE- エキシビジョンマッチ」が開催された。本イベントでは、DetonatioN Gaming(DMG)のmelofo選手、SunSister Suicider’s(SSS)のgabha選手、Crest Gaming Xanadu(CGX)のAries選手、All Rejection Gaming(ARG)のosakana選手が登場したほか、ストリーマーのSCARZのYuccoさんと、Crest Gamingの梨蘭さんが登壇。当日観戦に訪れた人を交えて、PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)のドン勝を目指した。

 また、同イベントでユニットコムのゲーミングパソコンブランド「LEVEL∞」とARGのPUBG部門のスポンサー契約が発表された。これにともない、LEVEL∞とARGのコラボレーションPCも発売される。

LEVEL∞とARGのPUBG部門のスポンサー契約が発表

プロゲーマーがぶっちゃけるトークセッション

PUBG JAPAN SERIESで活躍しているDMGのmelofo選手、SSSのgabha選手、CGXのAries選手、ARGのosakana選手が参戦
Yuccoさんと梨蘭さんも登場
実況解説はシンイチロォさんとMrYoppyさんが担当した

 まずは、melofo選手、gabha選手、Aries選手、osakana選手でのトークセッションが開催。どれくらい練習するか、プロゲーマーは儲かるのかなど際どい質問が飛び出したほか、観戦に訪れた人の質問などにも答えていた。

様々な質問にプロゲーマーが答えるトークセッションを実施
プロの練習時間や普段の生活のほか、ぶっちゃけトークも飛び出した

 印象的だったのは、トークセッションに参加した全員が、PUBG以外のゲームをほとんどプレーしないと答えたこと。休憩や睡眠時間を除いて、ほとんどPUBGの練習をしているという。高いプロ意識に脱帽した。また、プロゲーマーは儲かるのかという質問に対して、melofo選手が「礎は作れます。儲かっているプロゲーマーさんもいるので(笑)。ゲームをプレーしているだけでは儲かりませんが、今がんばって礎を作っていれば、未来はあると思います」と答えていたのも印象に残った。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事