このページの本文へ

ポーラ社長の「美術品寄付を確約する書類捏造」疑惑、証人尋問でガチ対決

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ポーラ・オルビスホールディングスの鈴木郷史社長、元ナンバー2らの証人尋問があった東京地裁
ポーラ・オルビスホールディングスの鈴木郷史社長、元ナンバー2らの証人尋問があった東京地裁 Photo by Masataka Tsuchimoto

化粧品大手ポーラ・オルビスホールディングスの元ナンバー2が「鈴木郷史社長による約20年前の書類捏造疑惑」を内部告発したことをきっかけに、鈴木社長は叔父の妻に巨額の遺産対象確認訴訟を起こされた。2件の裁判が進行中で、うち1件の裁判の証人尋問が9日あり、「鈴木社長vs元ナンバー2ら」のガチンコバトルが繰り広げられた。(ダイヤモンド編集部 土本匡孝)

 化粧品大手ポーラ・オルビスホールディングス(HD)の経営基盤を揺るがしかねない創業家内の遺産騒動が勃発、その裁判がヤマ場を迎えている(詳細はダイヤモンド・オンラインの特集「ポーラ遺産騒動に新展開」参照)。

 HDの鈴木郷史社長を相手取り、2000年に急死した叔父(2代目社長の鈴木常司氏)の妻、千壽氏が「鈴木社長所有のHD株式約4191万株(提訴時の時価総額で約2200億円)などが本来は遺産相続対象だった」と主張し、東京地裁で1年余り係争が続いている。

 訴えの根拠は、現役のHD取締役(当時。以後は「元ナンバー2」と表記)が17年12月に行った内部告発。故常司氏は戦後日本の大富豪の一人に数えられるほどの富を築いたが、元ナンバー2は約20年前の遺産相続に関連し、「鈴木社長がグループ有力会社株の売買契約書を死後に捏造し、本来遺産だった約69万株(その後の上場でHD約4191万株に転換)を1株1円で不正に入手。その不正を起点にグループ支配を優位に進めた」という疑惑を暴露した。

 さらに元ナンバー2は、神奈川・箱根のポーラ美術館を運営するポーラ美術振興財団(理事長は鈴木社長)所蔵の美術品839点(評価額計約28億円)に関しても、約20年前に同様の手口で「寄付確約書」の捏造があったと告発した。

 これまでの裁判で、鈴木社長は両疑惑を全面的に否定。原告側が捏造を認めた証拠と主張する鈴木社長の音声データについては、「事実無根であってもグループのレピュテーション(評価)が毀損されることは間違いないと考え、『ひとまず話を合わせて聞き置く』という態度を取った」などと反論している。

 9日は美術品に関する遺産訴訟の証人尋問があり、鈴木社長、元ナンバー2、告発を仲介したHDがリスク管理業務を委託していた会社の男性の計3人が出廷した。またこの日、原告の千壽氏が初めて法廷に姿を見せた。

 ドキュメント形式で、この日あったことを順に追っていこう。

「捏造協力費は6000万円」

【午前11時1分】

 1人目の証人尋問。告発を仲介したHD 元リスク管理業務委託先の男性が証言席に座った。原告席は代理人弁護士ら9人、被告席は代理人弁護士ら10人。傍聴席は双方の関係者、記者ら25人。一言一句聞き逃すまいと、皆真剣な表情だ。

 まずは原告千壽氏の代理人弁護士が質問。男性は寄付確約書の捏造に協力した経緯を改めて説明し、「捏造は犯罪だがポーラ専務に懇願されたので応じた」「捏造の実質的な協力費としてポーラ側から6000万円を支払う申し出があった」などと述べた。

 約30分が経過し、被告鈴木社長らの代理人弁護士による尋問に移った。原告から捏造過程を説明する証拠として提出された男性の01年の手帳に関し、「捏造の協力を依頼されたはずの日にその記載がないのはなぜか」「極めて不自然なメモがある」などと攻めたてた。

 予定時間を10分余りオーバーして終了。昼休みに入り、傍聴席で聞いていた鈴木社長は千壽氏に会釈して法廷を出た。

陳述書の変遷は「社長からの圧力では」

【午後1時15分】

 昼休みを終え、2人目の証人尋問は元ナンバー2だ。傍聴席の鈴木社長は考え込むように、前方を見つめていた。再び、原告の代理人弁護士から尋問がスタート。17年12月中の告発経緯を問われ、「29日の取締役会で初めて(有価証券売買契約書の)捏造を否定された。捏造がないならば最初の時点から即、私を呼び出していたはずだ」と疑問を呈した。

 また、18年1月に捏造を認める陳述書を作成した疑惑当時の秘書室員(現HD子会社取締役)が一転、19 年8月に捏造を否定する陳述書を作成したことについて問われると、「社長から圧力があったのではないか」と推測した。

 約30分が経過し攻守交代。被告である社長側の代理人弁護士の尋問タイムに移る。

 有価証券売買契約書の捏造を内部告発したと同時に美術品寄付確約書の捏造を告発しなかったことの不自然さを質問されると、元ナンバー2は「(前者の告発だけで)事足りると思っていたから」などと釈明した。

 また内部告発し、遺産訴訟再燃後は原告の千壽氏に協力してきたこの間の行動について「自分が社長になるためではないか」と問われると、元ナンバー2は否定し、「真実を全て明らかにしたい思いからだ」と反論した。

「元ナンバー2らは大ウソつき」

【午後2時30分】

 鈴木社長が証言席に座った。傍聴席には先ほど証人尋問が終わったばかりの元ナンバー2が着席。約3メートル先の鈴木社長の背中をじっと見つめていた。千壽氏は両手を祈るように組み、前のめりになって聞き入った。

 前2人の証人尋問とは異なり、被告側の代理人弁護士からの質問で始まった。

 元ナンバー2の告発を仲介した男性について、「非常に注意すべき人物と認識していた」と説明。17年12月6日に面談した際は、「ポーラ美術振興財団事務局長のアドバイスでこちらも警戒して会話を録音していた」と主張した。「荒唐無稽の告発内容だが、反論して決裂したらどう動かれるか分からないので『聞き置く』態度を取った」と、従来からの説明を改めて展開。会談中、社長を辞する素振りを見せたことについては、「(男性からの脅し、ゆすりの)要求を知るための一つのポーズ」と述べた。

 一方で、警戒する人物と認識していたのになぜそれまで業務委託契約を結んでいたかと問われると、「必要なときもあり、業務を絞って契約した」と釈明した。

 約45分経過し攻守交代。原告千壽氏の代理人弁護士が、「彼らは大ウソつきということか」と切り出すと、鈴木社長は「そうなります」と断言した。

 鈴木社長が17年末以降主張してきた「強要・恐喝罪での告訴」について質問されると、鈴木社長は「告訴はまだ」「いつ、何回捜査機関に相談したかは捜査に支障があるので発言を控える」と説明。名誉棄損ならなぜ民事訴訟を起こして身の潔白を証明しないのかと挑発されると、「立場上やむを得ない」「専門家と相談の上で」などと言葉を濁した。

 HD元リスク管理業務委託先の男性が主張する捏造協力費の存在については、「(捏造協力ではない契約の)実態があるので支払った」と発言。前出の元秘書室員の陳述書の変遷について関与を疑われると、「私は作成を指示していない、指示する必要がない」と強調した。

 告発で指摘された「01年時点の捏造」ではなく、寄付確約書に書かれた通り、1996年時点の作成ならば秘書室が把握していなかったことが不自然だと問われると、鈴木社長は「分からないのでお答えできません」と回答した。

原告側が求めた証人尋問は却下

【午後4時4分】

 証人尋問はすべて終了。

 ポーラ化粧品本舗(現ポーラ)元取締役、捏造疑惑当時の秘書室員、税理士(現ポーラ美術振興財団監事)、元公認会計士の計4人の証人尋問について、大嶋洋志裁判長は「必要なし」と宣言し、今後の裁判で呼ばない決定をした。この4人については、「自らの犯罪行為を隠蔽しようとしている鈴木社長に協力し、内容虚偽の陳述書を提出した」と主張する原告側が証人尋問を求めていたもので、裁判所が「これまでの互いの主張で事足りる」と判断したためか、「文字通り『呼ぶ必要がない』程度」と見ているためかは不明だ。

 次回期日を12月4日とすることが決まり、閉廷。HD定時株主総会前の20年2~3月頃に判決が出そうな状況になってきた。

 この日は最後まで、鈴木社長が元ナンバー2、HD元リスク管理業務委託先の男性と接触する場面はなかった。鈴木社長は退廷後、ダイヤモンド編集部の取材に応えることなく、無言で車に乗り込んだ。

 鈴木社長のもう一つの捏造疑惑として、真偽が争われている有価証券売買契約書に関する遺産訴訟の証人尋問は12月中に行われる予定だ。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ