このページの本文へ

キリンとファンケル「食と医の資本提携」に市場が冷ややかな理由

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「信頼できる会社に託したい」というファンケルの池森賢二会長(中)のラブコールに、キリンHDの磯崎功典社長(右)は飛び乗った Photo:JIJI

キリンホールディングスがファンケルに約1300億円を出資すると発表して1カ月。ファンケルの株式を33%取得する手続きが9月6日に完了する見込みだ。キリンは今回の巨額投資で、「医と食をつなぐ事業」という新たな“第三の矢”の育成を目指すが、市場の反応は冷ややかだ。(ダイヤモンド編集部 山本興陽)

「信頼できる会社に託したい」
ファンケル創業会長の条件

 「健康の領域は成長の最大テーマ。商品・販売領域で被らないファンケルとの提携の相乗効果を期待している」――。

 ファンケルとの電撃的な業務提携の発表から約1カ月。キリンビールで酒類の営業を担当するある社員は、冒頭のように期待を込める。

 8月6日、キリンホールディングスは、化粧品や健康食品のファンケルに1293億円を出資し、株式の約3割を取得すると発表した。この業務提携は両社ともにごく一部の幹部社員以外には知らされておらず、多くの社員にとっては寝耳に水。発表直後「社内は動揺しワタワタしていた」(ファンケル関係者)という。

 「生きている間に信頼できる会社にファンケルと従業員を託したい」

 会見でファンケルの創業者である池森賢二会長が開口一番にこう語ったように、この業務提携を持ち掛けたのはファンケルからだ。そして、池森会長が“身売り”する会社に求めたのは、従業員を大事にしていることと、ファンケルの経営の独立権を維持できることの2つの条件だった。

 まず、キリンHDには、医薬品を手掛ける協和キリンがファンケルと取引していたという縁があった。そのため、池森会長自身がキリンに大きな信頼を寄せていたのだ。

 そして、2つ目の条件についても、キリンが池森氏とその一族から取得する株は議決権ベースで33%と、発行済み株式の3分の1未満に抑えたことで、経営の独立権を保てることになった。

キリンが目指す「医と食をつなぐ事業」強化
3000億円の投資計画のうち1300億円を投入

 ファンケルのラブコールに、キリンHDの磯崎功典社長がすぐさま乗ったのにも訳がある。磯崎社長は今年2月に発表した中期経営計画で、「医と食をつなぐ事業」を新規の柱として大々的にアピールしており、これはキリンビールを中心とした「食」事業と、協和キリンが手掛ける「医」事業の中間を強化するものだ。3年間で3000億円の投資を掲げていた。今回はそのうち約1300億円をつぎ込み、早々にパートナーを手に入れることとなった。

 酒類事業は国内の人口減少によって頭打ち。世界に目を向ければ、WHO(世界保健機関)からアルコールの危険性について警告は繰り返されており、今後大きな成長分野としては見込みづらい。

 医薬品事業も、新薬開発はギャンブル的な要素が強く、費用対効果が表れにくい。そこで目を付けたのが中間に位置する「医と食をつなぐ事業」だったのだ。

 今回の提携によってファンケルが持つ研究開発力や商品に加えて、同社が売り上げの7割を稼ぐ実店舗網やウェブサイトでの強力な直販チャネルを手に入れた。

 これまでキリンはスーパーやコンビニなどの大手小売業への販路は強かったが、消費者と直接コミュニケーションを取れる販売ルートは弱かった。ファンケルの店舗網を使うことでそれを補うことができ、大手飲料メーカー関係者は「先にやられたという印象だ」と悔しがる。

株価は低迷、市場の反応は冷ややか
キリンにはブラジル投資失敗の前科も

 一方、この提携に対してキリンの思惑とは裏腹に、市場の反応は冷ややかである。発表当日の8月6日に2377円だったキリンHDの株価は翌日に急落し、発表から約1カ月が経過しても2100円(9月5日時点)と低迷したままだ。

 飲料業界に詳しいSMBC日興証券シニアアナリスト高木直実氏からは、「約1300億円という多額の投資にもかかわらず、シナジー効果の説明は不明瞭。3分の1未満の出資に留めた今回の業務提携で、両社が緊張感を持って、踏み込んだシナジー効果を創出できるかは不透明」と厳しい声が飛ぶ。

 化粧品業界のアナリストからも「ファンケルが今後海外展開に力を入れていく中で、ロレアルやエスティーローダーなどもっと良いグローバルプレイヤーがいたのではないか。悪くはないがベストではない」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券佐藤和佳子氏)と不満の声が上がる。

 キリンがビール事業でターゲットとしているのは、幅広い世代の男性である。一方で、ファンケルは30~40代の女性に強みを持つ。両社はメインの顧客において補完関係にあるが、顧客がブランドや商品を認知するまでにしばらく時間がかかるだけでなく、具体的な提携内容が全く見えてこないと市場は判断したことが、株価低迷につながっている。

 加えて、「キリンはとにかくM&Aが下手」(業界関係者)と言われるように、ブラジル事業での“前科”も記憶に新しい。2011年に現地2位だったスキンカリオールを約3000億円で買収しブラジルキリンとしたが、業績悪化により17年にわずか770億円で売却したことも投資家の頭をよぎっているのだろう。

 今回の提携は、今日明日結果が出るものではなく、長期的な辛抱が必要になる。キリンにとって「食」と「医」の事業に次ぐ“第三の矢”に育てられるか。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ