このページの本文へ

Razer「Razer Mercury collection」

白が眩しいマーキュリーホワイトのRazer製ゲーミングデバイスが一斉デビュー

2019年08月31日 23時54分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerから、新色マーキュリーホワイトのゲーミングデバイス「Razer Mercury collection」シリーズが登場。全9種類の販売がスタートしている。

新色マーキュリーホワイトのゲーミングデバイス「Razer Mercury collection」シリーズ

 登場したのは、ゲーミングマウス、キーボード、ヘッドセット、マウスパッド、ゲームパッド、ヘッドセットスタンド、マイクの計9製品。いずれも従来モデルをベースに新色マーキュリーホワイトを採用するのが特徴だ。最近増えつつあるホワイト系のPCケースやケースと組み合わせるといいかもしれない。

マウス「Razer Basilisk Mercury White」(9504円/写真左)と「Razer Atheris Mercury White」(6458円/写真右)

マウスパッド「Razer Goliathus Extended Chroma Mercury White」(8100円)

光学式のメカニカルスイッチを採用したUS英語配列のキーボード「Razer Huntsman Mercury White」(2万2464円)

テンキーレスのコンパクトなメカニカルキーボード「Razer BlackWidow Lite Mercury White」(1万2744円)

50mm口径ドライバーを採用するゲーミングヘッドセット「Razer Kraken Mercury White」(1万1664円)

3ポートのUSB 3.0ハブ機能と「Razer Chroma」対応のイルミネーション機能を備えたゲーミングヘッドセットスタンド「Base Station Chroma Mercury White」(9504円)

ストリーミング配信向けコンデンサーマイク「Razer Seiren X Mercury White」(1万4904円)

Bluetoothと有線接続に対応したゲームパッド「Razer Raiju Tournament Edition Mercury White」(2万1470円)

 ラインナップと価格は写真を参照のこと。販売しているのはパソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中