このページの本文へ

大規模企業への攻撃が増加したほかランサムウェアが再流行中

マカフィー、2019年第1四半期の脅威レポートを発表

2019年08月29日 19時15分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「McAfee Labs Threats Report: August 2019」

 米マカフィーは8月29日、最新の2019年第1四半期の脅威レポート「McAfee Labs脅威レポート:2019年8月(McAfee Labs Threats Report: August 2019)」を発表した。最新のサイバー犯罪活動とサイバー脅威の進化について分析している。

 McAfee Labsでは、第1四半期に1分あたり平均504件の新たな脅威を検出しており、ランサムウェアの再流行とサイバー攻撃の実行とコードの変化を確認したという。

世界レベルの脅威動向がレポートされている 

 主な脅威動向として、攻撃経路マルウェアが最も多く、続いてアカウントの乗っ取り、 標的型攻撃が続いている。新たな仮想通貨マイニングマルウェアは29%増加。ファイルレスマルウェアとしては、JavaScriptマルウェアの新型は減少したものの合計サンプル数は増加しており、新たなPowerShellマルウェアは460%の増加がみられたという。また、IoTデバイスの脆弱性を突いたマルウェアの増加も確認している。

 レポート全文(英語)は米McAfeeのウェブサイトからダウンロード可能。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる