このページの本文へ

第3世代Ryzen+RX 5700などの最新AMD環境でVIVE Proがどれだけ快適か徹底検証!

2019年10月07日 11時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SSの設定が効かない「Space Junkies」

 次に試すのは宇宙服を着て浮遊しながら銃撃戦を行う「Space Junkies」を使う。画質はプリセットの“ウルトラ”とし、ソロで遊べるチュートリアルを利用して計測した。

「Space Junkies」の検証シーン

●SS50%の場合

Radeon VIIのフレームタイム

Radeon RX5700 XTのフレームタイム。90fpsプレイは余裕

Radeon RX 5700のフレームタイム

Radeon Vega 56のフレームタイム。90fpsには十分届くものの、GPUの処理が10ms程度かかっているため、余裕はほとんどない

Radeon RX 590のフレームタイム。11msを超える部分が度々出てしまっているため、画質を落とす必要がある

GeForce RTX 2080のフレームタイム

 Vega 56でなんとかギリギリ、RX 590だと周囲を見渡しただけでも11msをオーバーすることがある……ということがわかる。このゲームの画質設定は“低”と“ウルトラ”で中間は自動設定という両極端なものだが、ウルトラ設定で遊ぶならRX 5700より上が好適のようだ。

●SS100%の場合

Radeon VIIのフレームタイム

Radeon RX5700 XTのフレームタイム

Radeon RX 5700のフレームタイム

Radeon Vega 56のフレームタイム

Radeon RX 590のフレームタイム

GeForce RTX 2080のフレームタイム

●SS200%の場合

Radeon VIIのフレームタイム

Radeon RX5700 XTのフレームタイム

Radeon RX 5700のフレームタイム

Radeon Vega 56のフレームタイム

Radeon RX 590のフレームタイム

GeForce RTX 2080のフレームタイム

 ここまで見て分かるように、今回試したゲームの中では、Space Junkiesのみがアプリケーション別のSS値変更の影響を受け付けなかった。よってフレームタイムの傾向もほとんど同じとなる。全体のGPUフレームタイムの傾向は次の通りだ。

「Space Junkies」のGPUフレームタイムの傾向

カテゴリートップへ

HTC VIVE Facebookページ