このページの本文へ

第3世代Ryzen+RX 5700などの最新AMD環境でVIVE Proがどれだけ快適か徹底検証!

2019年10月07日 11時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」では一部GPUの結果に異変が

 次に「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」のフレームタイムを眺めてみよう。画質はプリセットの「高」とし、リバーウッド村でのフレームタイムを計測した。

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」の検証は、この場所で行った

●SS50%の場合

Radeon VIIのフレームタイム。Beat SaberよりもCPUもGPUも処理時間が長いことがわかる

Radeon RX5700 XTのフレームタイム

Radeon RX 5700のフレームタイム

Radeon Vega 56のフレームタイム

Radeon RX 590のフレームタイム。概ね8〜9ms程度に収まっているが、一瞬だけ11msを越えてしまう部分がみられる

GeForce RTX 2080のフレームタイム。RX 5700 XTよりコンポジターの時間が長いものの、CPUフレームタイム全体としてはRTX 2080の方が短時間で終わっている

 Radeon VIIよりもRX 5700 XTの方がわずかにGPUフレームタイムが短い。GCN世代よりもRDNAアーキテクチャーの方がVRゲームでも効率よく処理できるという例のひとつといえるだろう。RX 590はなんとか11msに収まっている感じだが、戦闘中のようなもっと重いシーンでは、11msを割り込む可能性が考えられる。SS50%であればVega 56より上のGPUが欲しいところだ。

●SS100%の場合

Radeon VIIのフレームタイム。GPUは8ms程度に収まっている

Radeon RX5700 XTのフレームタイム。GPUフレームタイムはRadeon VIIより微妙に低いが、反面CPUフレームタイムは長くなっている

Radeon RX 5700のフレームタイム。こちらもCPUフレームタイムはRadeon VIIより長い

Radeon Vega 56のフレームタイム

Radeon RX 590のフレームタイム。コンスタントに11msをオーバーしているため、実質45fpsだが、リプロジェクションでそうとは分からないようになっている

GeForce RTX 2080のフレームタイム

 SS100%ではRX 590が明らかにキャパオーバーとなってしまい、GPUフレームタイムは終始11ms以上を示している。振り向いたりすると明らかにリプロジェクションによるカクつきを感じるので、SS100%でクリアーな映像を考えるのであれば、最低でもVega 56は必要だ。

●SS200%の場合

Radeon VIIのフレームタイム。一見11msに間に合っているようだが、ところどころ11msを越えており、そのタイミングでリプロジェクションも低頻度ではあるが発生している

Radeon RX5700 XTのフレームタイム。Radeon VIIよりも明らかにフレームタイムが短い

Radeon RX 5700のフレームタイム

Radeon Vega 56のフレームタイム。CPUフレームタイムだけ見るとCPUの処理が間に合ってないように見えるが、実は違う

Radeon RX 590のフレームタイム。17msを越えているので、普通の液晶であれば60fpsも維持できない状態

GeForce RTX 2080のフレームタイム

 SS200%になるとGCNベースのRadeon VII、Vega 56、RX 590には厳しくなってくる。特にVega 56のフレームタイムのグラフは非常に奇妙で、CPUのフレームタイムも最大13msあたりまで達し、GPUはフレームタイム自体が正しく表示されない。

 まずCPUフレームタイムに関しては、RTX 2080やRX 5700シリーズだと長くてもきちんと6ms程度で処理を終えているので、CPUパワー不足というわけではない。Vega 56のGPU側をよく観察すると、緑の線が最大4まで増えているが、これが高いほどレンダリングした結果が表示されるまでの時間が長くなることを示す。

 RX 590は単純にパワーが足らなくてフレームタイムが長いが、緑の線は2のラインから動いていない。つまりVega 56の方が表示されるラグが長いことになる。原因はここからだけでは不明だが、ドライバーの問題が考えられる。

「The Elder Scroll V: Skyrim VR」のGPUフレームタイムの傾向

 Skyrimの大雑把なフレームタイムは以上の通りである。SS200%のVega 56のフレームタイムは、SteamVR上では負の値を示していた。

カテゴリートップへ

HTC VIVE Facebookページ