このページの本文へ

カメラ性能最強の2019年夏スマホ ― 第1回

最強カメラはどれだ? 2019年夏スマホ4機種-倶楽部情報局

2019年08月12日 20時30分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、先週にASCII倶楽部で公開した「最強カメラはどれだ? 2019年夏スマホ4機種 」を紹介します。


最強カメラはどれだ? 2019年夏スマホ4機種

 2019年の夏商戦でも、ハイエンドスマートフォンのカメラ機能の進化は止まらない。特に今年は「Xperia 1」をはじめ、多くのハイエンドモデルがトリプルカメラを搭載。光学5倍ズームや超広角レンズ搭載など、コンパクトボディーにさまざまな撮影機能が搭載されている。そこで今回は、2019年夏のトリプルカメラ&ハイエンドスマホ4機種を徹底比較していく。

 今回ノミネートしたのは、キャリアから販売中の「Xperia 1」と「Galaxy S10+」、SIMフリーの「OPPO Reno 10x Zoom」と「HUAWEI P30」の4モデル。これら4機種での撮影に加えて、参考として昨年モデルとなる「iPhone XS Max」でも同じ条件で撮影・比較した。今回はまず、2019年夏モデルの特徴とこれら4機種のカメラや基本的なスペックから見ていこう。

夏モデルはトリプルカメラの「構成」と「性能」に注目!

 まずは、今夏発売モデルの全体的な特徴を見ていこう。

レンズ構成は各社とも「標準(広角)」「望遠」「超広角」の3つ

 2019年夏スマホのトリプルカメラ搭載モデルは、ほとんどが「標準(広角)」「望遠」「超広角」と画角の異なる3つのカメラを搭載している。ほとんどのモデルが、スマホユーザーが使い慣れている「標準(広角)」カメラに一番高画質なセンサーや明るいレンズを採用し、「望遠」と「超広角」カメラの画質や倍率については、メーカーや機種ごとにどこの機能を重視するかといった違いが出ている。

Xperia 1も標準(広角)、望遠、超広角と3つのカメラを搭載する

 なお、トリプルカメラといっても、基本的に3つのカメラの性質は異なる。多くの場合、一番よく使われる標準の広角レンズに高画質なセンサーを搭載していることが多い。望遠や超広角のカメラの画質や機能は、各機種のコンセプトによって大きく異なる。

望遠レンズは光学3倍や5倍レンズも登場

 スマホのカメラに搭載される望遠レンズは、これまでは光学2倍のものが一般的だった。だが、2019年夏スマホでは光学5倍レンズ搭載モデルも登場。まだ端末数は少ないものの、日中屋外のグラウンドで遠くの人物を撮影したり、望遠鏡的な用途にも使える。カメラ性能を第一にスマホを選びたいユーザーは、望遠レンズの拡大率もチェックするといいだろう。

標準(広角)カメラで撮影OPPO「Reno 10x Zoom」のハイブリッド6倍ズームで撮影

夜景モードが強化! 明るくローノイズで撮影できる

 昨年から各社とも、夜景をカメラセンサーの性能と画像処理性能の組み合わせでより美しく撮影する「夜景モード」の強化を進めている。今回紹介する4機種は、後からアップデートで搭載されたものを含めて全機種が夜景モード相当の機能を搭載。夜景を色鮮やかかつ少ないノイズで撮影できる。

「Galaxy S10+」にアップデートで追加されたナイトモード。通常の夜撮影と比べてロ―ノイズで撮影できる

 では、これらスマホの高画質カメラの進化点を踏まえつつ、今回ノミネートした4機種のカメラ機能の特徴を見ていこう。

Xperiaファン待望のトリプルカメラ搭載
ソニーモバイル「Xperia 1

 ソニーモバイルの「Xperia 1」は、画面比率21:9と縦長の6.5型有機ELディスプレーを搭載したハイエンドモデル。ドコモ、au、ソフトバンクから発売中だ。シリーズ型番を一新し、カメラ機能もXperia初のトリプルカメラを搭載するなど、撮影機能から画像処理まで大幅に刷新した。

Xperia 1

 カメラは標準(広角)カメラに、F値1.6の明るいレンズと、ピクセルサイズが1.4μmと大きく高感度なセンサー、光学手ぶれ補正を搭載。さらに一眼デジタルカメラ「α」シリーズの技術を取り入れた画像処理アルゴリズム「BIONZ X for mobile」によって、夜景などの暗所撮影にも強くなっている。また、光学2倍の望遠レンズと超広角レンズの1220万画素のセンサーを搭載し、さまざまな画角での撮影を楽しめる。

縦長の6.5型有機ELディスプレーを搭載過去のXperiaシリーズを思わせる板状のデザイン

 トリプルカメラ搭載により、Xperiaとしては初めて“背景ぼけ”の機能を標準搭載した。一眼デジタルカメラ「α」シリーズの瞳AFも搭載され、他社ハイエンドスマホと同様に、ポートレート撮影を気軽に楽しめる。また、画面表示モードにはソニーの業務用マスターモニターの技術を結集した「クリエイターモード」を搭載。撮影や共有した写真や動画を、プロフェッショナル向けのデータに忠実な色彩表示でチェックできる。

瞳AFや背景ぼけに対応(モデル:秋子いをり)動画や写真を補正なしに表示する「クリエイターモード」表示に対応

 Xperia 1は多くのXperiaファンが求めていたスタンダードモデルかつ、複数のカメラでより撮影をより深く楽しめるモデルだ。画面は縦長だが、軽量かつ横幅がスリムなので「Xperia XZ」シリーズのユーザーが乗り換えてもほぼ同じ感覚で操作できる。そろそろXperiaを買い換えたいと考えているユーザーだけでなく、カメラ機能の充実したXperiaを待っていたユーザーなら購入を検討すべきモデルだ。

「Xperia 1」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 6.5型有機EL(21:9)
画面解像度 1644×3840ドット
サイズ 約72×167×8.2mm
重量 約178g
標準(広角)カメラ 画角26mm※
約1220万画素(F値1.6)
メモリー積層型イメージセンサー
望遠カメラ 光学2倍ズーム
画角52mm※
約1220万画素(F値2.4)
超広角カメラ 画角16mm※
約1220万画素(F値2.4)
インカメラ 約800万画素(F値2.0)
CPU Snapdragon 855 2.8GHz+1.7GHz
(オクタコア)
メモリー 6GB
内蔵ストレージ 64GB
外部メモリー microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
FeliCa
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 IPX5,IPX8/IP6X
バッテリー容量 3200mAh
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
カラバリ パープル、ブラック、ホワイト(au、ソフトバンク)、グレー(au)

※35mm換算


 続きは「最強カメラはどれだ? 2019年夏スマホ4機種」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1243(2019年8月13日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1242(2019年8月6日発行)

  • 週刊アスキー No.1241(2019年7月30発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019August

  • 週刊アスキー No.1240(2019年7月23日発行)

  • 週刊アスキー No.1239(2019年7月16日発行)

注目ニュース