このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

狭ベゼルと無線周辺機器で場所を選ばないのが魅力的

こだわりデザインが操作性や使い勝手も向上した一体型PC「ESPRIMO WF」

2019年08月03日 11時00分更新

文● 貝塚/ASCII、編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ESPRIMO FH」シリーズのカスタムメイドモデル「ESPRIMO WF1/D1」

 富士通クライアントコンピューティングが販売する「ESPRIMO FHicon」シリーズは、「FH77/D1icon」「FH70/D1icon」「FH52/D1icon」の3モデルで展開する23.8型一体型デスクトップパソコンだ。

 2019年2月に販売したカスタムメイドモデル「ESPRIMO WF1/D1icon」は、インテル Celeron 3865U、4GBメモリー、1TB HDDが標準スペックだが、今回お借りした試用機はCore i7-8750H、32GBメモリー、3TB HDD+Optaneメモリー約16GBを搭載したものとなっている。標準モデルのウェブ価格は14万5904円のところ、「富士通WEB MARTicon」でクーポンを使うと11万2346円から購入可能だ(8月2日現在)。

 今回は、ESPRIMO WF1/D1iconの外観の特徴と使用感をメインに紹介する。

デザイン性に優れた23.8型の一体型デスクトップパソコン

上下左右、すべて狭ベゼルのデザインが魅力だ

 サイズはおよそ幅558×高さ370×奥行き167mmで、重さは約7kg。箱から出すと、「23.8型の一体型」ときいて想像するよりも、コンパクトに感じられる。これはベゼルが非常に狭く、ギリギリまで表示領域が設定されているデザインによる影響だ。狭ベゼルをうたっていても、上部のみや下部のみがそれほど狭くなく、スピーカーや操作ボタンなどに割り当てられているモデルも多いが、本機は4隅すべてが狭ベゼルで、メーカーもその点をウリにしている。

 ディスプレー解像度は1920×1080ドットと、2019年のパソコンとしては少々粗めになるが、発色がとてもよく色鮮やか。デスクトップパソコンの性質上、50cmほど離れて使うことが多いはずだから、それほど解像度の低さは気にならない。

本体が宙に浮いて見えるようなデザイン。スタンドなども含め、質感はかなり高く、所有欲を満たしてくれる

 正面から見ると映像が宙に浮いているように見え、デザイン面での満足度は高いだろう。

 スタンド部分の造形にも注目したい。正面から見ると、左右を短い棒で支えているように見えるが、実は背面でつながっている。

 強度や安定性を考えると、前面までつなげてしまう案もあったかもしれない。このデザインを採用したことで、前面下部に空間が大きく空いたデザインになっており、キーボードや周辺機器を、スムースに収納できるだけでなく、単体で見たときも圧迫感が緩和されており、さまざまな空間に違和感なく調和できそうだ。

前へ 1 2 次へ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通