このページの本文へ

7泊8日から(1日単位での延長も)aiboがうちにやってくる

ソニー、「aibo」の有料レンタルサービスを開始

2019年07月29日 16時25分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーマーケティングは7月29日、レンティオとの協業により自律型エンタテインメントロボット「aibo」の有料レンタルサービスを開始した。

 購入を検討している人たちからの、実際にaiboと触れ合ってから購入を決定したい、自宅で長時間aiboを触ってみたいといった要望に応えたという。貸出期間は気軽にaiboとの生活を体験できる7泊8日の「短期プラン」、じっくりaiboと触れ合って楽しめる3ヵ月の「長期プラン」が選択でき、いずれも延長が可能。

 価格は7泊8日で1万5000円、 3ヵ月で8万9400円。貸出機種は「ERS-1000」(アイボリーホワイト)、aibo専用のクラウドサービスに接続するために必要な「aiboベーシックプラン」にあらかじめ加入しているため、受け取ったその日からすぐにaiboとの生活を楽しめる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン