このページの本文へ

解任必至アスクル社長激白、ソフトバンクとヤフーの介入許さない!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アクスルの岩田彰一郎社長
8月2日の株主総会で退任が避けられなくなったアクスルの岩田彰一郎社長。インタビューは7月24日午前に行われ、同日午後に、筆頭株主のヤフーと第2位株主のプラスが合わせて6割の議決権を行使し、岩田社長の再任に反対した Photo:JIJI

アスクルと筆頭株主のヤフーの対立が泥沼化している。24日には、ヤフーと第2位株主のプラスが議決権を行使。両社で6割の反対で、8月2日のアスクル株主総会では、岩田彰一郎社長の退任は避けられなくなった。ソフトバンク子会社ヤフーの真の狙いは何か。渦中の岩田社長が激白した。(ダイヤモンド編集部 村井令二)

SB・ヤフーのECに
アスクルの物流は魅力

――ヤフーとの対立が泥沼化しています。アスクルのBtoCの電子商取引(EC、eコマース)「ロハコ」をめぐって両社に何が起きているのか。

 ヤフーとの提携契約には、「イコールパートナー」の関係が明文化されています。

 具体的には(1)アスクルの独立性を守るため、アスクルの取締役の選任議案は、アスクルの指名・報酬委員会で決定する、(2)ヤフーの出資比率は維持、買い増しや希薄化は認めない、(3)この契約に違反があった場合は、株式の「売り渡し請求権」が発生する――といったように、対等な関係を維持するため細かな規定まで明記しているのが特徴です。

 ヤフーは昨年6月に宮坂学社長から川辺健太郎社長に交代して以降、この契約を完全に無視するようになりました。

 もともとの両社の提携の目的は「アスクルのロハコ事業を成功させること」にあるが、もはやヤフーは、自社のeコマースを成功させるためにロハコを利用することに目的がすり替わっている。

 彼らは、ロハコを欲しがっているのは明らか。だが、この契約があるから、それを表立って言えない。だからといって、社長1人を交代して野心を実現しようというのは無理があります。

 アスクルの指名・報酬委員会が決定した役員候補を簡単に覆すことは、完全にアスクルのガバナンスをないがしろにしていて契約違反に該当します。

――ヤフーが、アスクルのロハコを欲しがる理由は?

 eコマースの世界は、楽天やヤフーが運営するモール型の仮想商店街よりも、アマゾンの直販のモデルが存在感を強めています。アリババグループの「Tモール(天猫)」もまさにそのモデルで、仕入れ、在庫、包装、配送まで、一貫したバリューチェーンのプロセスをすべて押さえているのが特徴です。

 日本でバリューチェーン全体を持っているのはアマゾンで、楽天が物流センターを急ピッチで整備している。その他には、ヨドバシカメラが自社の物流網を持っていて、後は、仕入れから配送までのバリューチェーンを持っているのはアスクルしかありません。

 ヤフーは物流網を全く持っていない。その一方でアスクルは、物流網があって、リアルな物流を運営するノウハウや、物流センターをロボットで動かすエンジニアリングの力があり、その価値についてヤフーはよく知っている。

 そう見ると、アスクルのロハコを戦略的なピースとして、日本版Tモール構想を実現したいというソフトバンク・ヤフーの狙いが透けます。中国のアリババは「菜鳥」という物流会社を設立しているが、ソフトバンクもそういう物流に関心があるのは間違いない。

――ソフトバンク・ヤフーのバリューチェーンにアスクルが入るとどうなる?

 アスクルが、ヤフーのeコマース戦略に組み込まれてしまえばアスクルの将来はありません。アスクルという企業が、ソフトバンク・ヤフーの価値創造の道具と化すだけになれば、アスクルのステークホルダーの損失になります。

 この問題は、私のポジション争いの話ではない。こうしたソフトバンクとヤフーの狙いを白日の下にさらし、これ以上、ヤフーがアスクルに介入することを防ぐ。それが今の私の仕事です。

 アスクルの社外取締役でヤフーの小澤隆生専務は「2020年代初頭、楽天やアマゾンを超える国内ナンバー1のECサービスになる」と宣言しています。小澤さんは、ソフトバンクグループの孫正義さんの意向をよく理解しているので、アスクルをソフトバンクに取り込むことが重要なミッションなのだと思う。

 ソフトバンクはヤフーを子会社化して、ヤフーは10月に持ち株会社に移行する。グループ再編の中で、中途半端なのがアスクルなのでしょう。ソフトバンクからすれば「ヤフーはなぜ、アスクルを自由に経営させているのか」ということになるのではないか。小澤さんには、ソフトバンクの宮内謙社長から、ロハコの運営に関してかなり具体的な指示が出ていて「岩田を代えろ」という話もあったようです。

 冒頭に述べたように、ヤフーとアスクルには「イコールパートナー」の契約がある。ソフトバンクにとっては、この契約があるゆえにアスクルに手を出しにくく、この契約を早く白紙にしたい。私の解任は、その手段だということが見えてきます。

 しかし、アスクルのリアルとヤフーのデジタルを無理矢理くっつければ、アスクルが壊れてしまう。巨額の資本を投下して「20%還元セール」などを展開して注文を一気に増やしたら、最初に物流がパンクする。値引きで引き寄せたお客でキャパを一杯にして品切れを起こしてしまっては、持続可能なビジネスモデルにはなりません。

インタビューを受ける岩田彰一郎社長
いわた・しょういちろう/1950年生まれ。ライオン油脂(現ライオン)を経て、事務用品のプラス入社、アスクル事業部を独立させて97年にアスクル社長に。2000年から最高経営責任者(CEO)で現職。 Photo by Reiji Murai

ヤフーのロハコ分社化構想
アスクルに筒抜け

――ヤフーがアスクルのロハコを取り込もうとする具体的な動きはありましたか。

 昨年11月末から12月初めにかけて、ヤフーから派遣されている輿水宏哲取締役が、うちの吉岡(晃・最高執行責任者)と玉井(継尋・最高財務責任者)に、「ロハコをヤフーの直営店にして、価格設定と品ぞろえの判断をヤフーが握りたい」という話がありました。かなり確信的な発言です。

 ヤフー側は、吉岡らを懐柔するつもりだったのか、「ロハコを分社化して、あなた(吉岡氏)を社長にしたい。ただし、岩田社長は新会社の役員には入れない」という話も告げていました。

 ロハコ分社化の構想は、ソフトバンクの上層部でかなり具体的に議論されていたようで、昨年の11月末には、ソフトバンクの宮内謙社長と榛葉淳副社長、ヤフーの川辺社長と小澤隆生専務ら、関係者が揃ってロハコの分社化案について協議し、アスクルに申し入れる方向を決定したという。

 そんなソフトバンク内部の動きが、輿水取締役から吉岡と玉井に耳打ちされていました。

――そうしたやり取りについてアスクルは22日に詳細を公表したが、すべて岩田社長のいない場所でのやり取りのようですね。

 もちろん私は、輿水取締役が吉岡と玉井に耳打ちした場にいませんでした。吉岡は重要な話だと判断して、きちんとメモを備忘録として残して、逐一、私に報告が上がっていた。つまり、吉岡らは、ヤフー側の懐柔にはなびかなかった。

 ヤフー側は、吉岡に耳打ちしたことの全てが私に報告されていたのは知らなかったでしょう。こうして詳細を発表されて衝撃を受けていると思う。

 吉岡はアスクル取締役なので、善管注意義務(善良な管理者の注意義務)があるので、アクスルの将来を左右する重要な情報を得たので備忘録にして報告したのは当たり前。

 アスクルの役員は全員、ヤフーから派遣されている役員とミーティングしたときには、どんな些細なことでも記録に残すようにしていた。だから、そんな大事な話があれば、いくらこっそり話したとしても、すぐに伝わるようにはなっていました。

アスクルの物流拠点
アスクルの物流拠点。ソフトバンク・ヤフーにとっては、ECのバリューチェーンを完成させる重要なピースになる Photo:JIJI

資本提携解消のため
川辺ヤフー社長に面会を申し入れ

――資本提携解消については、一度ヤフーから拒絶され、22日に再び申し入れをしました。進捗は?

 もはやこの問題はトップ会談で解決するしかない。すでに、川辺社長には面会を申し入れてある。どう収束するかを話し合わなければなりません。

 川辺さんは、これ以上アスクルを追い詰めて、ヤフーのレピュテーションを落とすようなことはしない方がよい。そのために何ができるかということを一緒に考えたい。

 もちろんこういう関係になってしまった以上、資本提携は解消する協議になるが、ソフトバンクが物流で何かやろうとしているなら、それはアスクルのノウハウを使って応援したい。資本提携は解消が前提だけれど、新しい関係は構築できると思っている。

――面会要請に対するヤフーからの返事は?

 まだない。返事がなかなか来ないが、解決するにはトップで話し合うのが一番いい。

――8月2日のアスクル株主総会では、このまま時間が経過して、株総でご自身の再任が否決となったらどうしますか。

 決議には粛々と従うだけだが、株総はマスメディアを通じてオープンにするので、資本市場でのルールを無視するような意思決定の是非は問われる。

 ヤフーは私の再任には否決すると言っている。さらに、社外取締役も入れ替える行動に出れば、これは資本市場の歴史上、前例がないほどの上場会社のガバナンスに対する暴挙。

 そうなったら、コーポレートガバナンスのルールを整備している政府も無視できないのではないか。それも含めてきちんと世の中に問いたい。

 ヤフーは岩田1人の首を代えれば、会社の全部を取れると考えているのかもしれないが、会社というのは、社長1人を代えても思い通りにはなりません。

私の首を代えても
アスクルは屈服しない

――岩田さんが交代しても、社内の後継候補が社長になっても同じ考え?

 うちの役員はみんな簡単に懐柔される人たちではない。いずれも、当社の独立性やガバナンスを無視したやり方には屈服しません。だから私1人を代えても何も解決しない。

 アスクルとしては、ヤフーとの資本提携を解消する方針は、みんなの意志として確認している。役員や主要な社員メンバーの統一した考えは揺るがない。

 今回、ヤフーとの資本提携のリスクが顕在化した。このままでは、いつまでも大株主の資本の力を意識しながら経営していかなくてはならなくなる。今の大株主の資本は変える必要があります。

――資本提携を解消するにあたっては資金が必要になります。ヤフーの持ち分を買い取るなら600億~700億円を提供するスポンサーが必要になる。

 決して小さい金額ではないが、一緒にやりたいという話はいくつか来ています。

 われわれが目指しているのは、日本型のeコマースのプラットフォーマー。アマゾンは取引データの情報を独占して、そこに商品を卸すメーカーさんは苦労しているが、アスクルは、eコマースのプラットフォームをメーカーさんに提供して物流を共有する構想を持っている。

 だから、そのプラットフォームを一緒に運営して応援してもらえる複数の方々に資本を出していいただくのが理想だ。もっとも、今の非常事態の中でヤフーの持ち分を買い戻してもらうのは、最初は少数のファンドと事業会社の組み合わせになると思う。

――ヤフーに代わって、楽天などどこかのグループに入る考えは?

 それはない。そもそも今の段階で大グループからのオファーはないが、われわれはもうどこかの大きなグループに入らない方がいい。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ