このページの本文へ

いまそこにある危機 年間20万人が死亡する インドの深刻な「水」事情

James Temple

2019年07月18日 06時20分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

上水道の70%が汚染され、年間20万人が死亡——。インドの水不足が深刻だ。干ばつで水源が枯渇し、貯水池の整備の遅れや水道管の水漏れ、未配管などの問題も山積する。都市部では「水マフィア」が水不足の解消を担う中、ボトムアップで問題の解決に取り組む市民もいる。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ