このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第300回

低価格版と5G搭載版:

アップル2020年iPhone、4種類発売か?

2019年07月12日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは2020年にiPhoneを4種類発売する準備をしている。JPモルガンのアナリストであるSamik Chatterjee氏の予測を、米メディアCNBCが7月8日に報じた。

 JPモルガンの予測によると、アップルは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチサイズの有機ELディスプレーを搭載した5G対応iPhone3種と、非5Gで液晶ディスプレーを搭載した低価格版のiPhone1種を準備しているという。

 この低価格版がiPhone SE2ならば最高なのだが、レポートによるとiPhone 8と同じサイズだそうだ。売れるだろうが、SE2の待ち人としては残念でならない。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中