このページの本文へ

サンワサプライ、プロジェクターの周辺機器をすべて収納できる台

2019年07月11日 13時10分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライは7月11日、投影やプレゼンに必要な機器をコンパクトに収納できるとうたう、プロジェクター台「PR-16」を販売開始した。価格は5万2920円。

 天板にはプロジェクターやノートPC、中棚にはHDDレコーダーなどのAV機器、下棚にはコードリールなど高さのある機器を収納可能。リモコンやレーザーポインター、ケーブルが収納できるトレーも備えた。

 直径75mmの大径キャスターを採用しており、機器が収納した状態でもスムーズに移動できるとする。敷居などの低い段差でも安定して通れるので、学校や官公庁などでの使用にも最適とのこと。

 簡単なレバー操作だけで、天板の高さを700~909mmの間で調節可能。天板の高さを最大まで上げた状態にすると、天板下と棚の間にプロジェクターを設置できる。

 天板には落下防止用ガードを付属しており、安心してプロジェクターを置けるとした。サイズは幅510×奥行き380×高さ750~959mm。総耐荷重は50kg。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン