このページの本文へ

「ハッカーへの反撃」認める米新法案、どこが問題か?

2019年07月08日 10時41分更新

文● Martin Giles

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サイバー攻撃の被害者によるハッカーの追跡を合法化する米国の新法案が議会に提出された。増え続けるサイバー攻撃への対策を強化するのが狙いだが、企業や個人に「反撃」を認める新法案には問題点も多い。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ