このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

第3世代Ryzenにおすすめ!

B450マザー選びのポイントはM.2 SSDの2枚差しにあり!

2019年07月07日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 発売が目前に迫っているRyzen 3000シリーズ。この第3世代Ryzenの真価を発揮するには、AMD最新チップセットの「AMD X570」搭載マザーボードと組み合わせるのがベストだが、エントリーモデルで2万円台前半、メインストリームでは3万円オーバーと、全体的に高めになっている。

 12コア24スレッドのRyzen 9 3900Xをはじめ、AMD次世代GPU「Radeon RX 5700」シリーズや、CFD販売から7月上旬発売予定になるNVMe M.2 SSD「PG3VNF」シリーズといったPCI Express 4.0に対応した次世代パーツを第3世代Ryzenとともに導入するなら、X570マザーボード一択になるが、そうでないならBIOSアップデートで第3世代Ryzenに対応できるコスパ優秀なB450マザーボードでキマリだろう。

 そんなB450マザーボードを第3世代Ryzenとともに長く愛用するうえで、見逃せないところがある。それが、B450マザーボードが備えているM.2スロットの内部インターフェースだ。メインのM.2スロットは当然、PCI Express 3.0×4(32Gbps)になるので問題ないのだが、レーン数が限られるエントリーチップセットのB450では、2つめのM.2スロットはPCI Express 3.0×2(16Gbps)や2.0×4(20Gbps)動作になるマザーボードが大半を占めている。

複数のM.2スロットを備えたB450マザーボードが増えているが、2つめのM.2スロットの動作に関しては確認が必要だデータストレージ用にあとからテラバイトクラスのNVMe M.2 SSDを追加することを視野に入れておこう

 昨年の段階では、正直、この点はあまり気にしなくても良かったのだが、ここ最近はNVMeとしては低速な2000MB/sec前後の性能になるがCrucial「P1」の1TBモデルが1万2000円前後までダウンするなど、TBクラスのNVMe M.2 SSDが、非常にお買い得になっている。そのためシステムとデータストレージをNVMe M.2 SSDにした2枚差しが現実的になってきている。

 素直にNVMe M.2 SSD2枚差しを視野に入れて、お買い得になっているメインストリーム向けのチップセットのAMD X470搭載マザーボードを選ぶのもありだが、この夏コスパを重視して組むなら、売れ筋B450マザーボードが備えているセカンドM.2スロットのパフォーマンスは気になるところなので、実際にチェックしてみることにした。

最大2000MB/secと、NVMe M.2 SSDとしては低速だが、2.5インチSSDの数倍高速なCrucial「P1」の1TBモデルは、最安1万1980円を記録している

動作の異なる売れ筋2種類を試した

 試したマザーボードは、ハイエンドモデルクラスの高品質コンポーネントと、見目良いLEDイルミネーション機能やM.2ヒートシンクを備え、コスパと耐久性を両立させたASRockの秀逸マザーボード「B450 Steel Legend」と、定番メーカーゆえの安心感や高い信頼性で人気のあるASUSのPCゲーマー向けシリーズの「ROG STRIX」に属する「ROG STRIX B450-F GAMING」だ。

B450 Steel Legend

●メーカー:ASRock
●URL:https://www.asrock.com/MB/AMD/B450%20Steel%20Legend/index.jp.asp
●実売価格:1万2000円前後

耐久性を重視したASRockの新シリーズ「Steel Legend」の第一弾として登場した「B450 Steel Legend」。発売以来人気となっている
シルバーカラーで統一された各部のヒートシンクや、ホワイトやグレーベースの迷彩柄など、デザイン性グッドM.2ヒートシンクを標準装備。最速クラスのNVMe M.2 SSDも安心して搭載できる
1万円台前半の価格帯ながら、従来のRGB LED4ピンヘッダーに加え、アドレサブルRGB向けの3ピンを装備しているIOカバー部とチップセットヒートシンク部にRGB LEDを装備。キレイな発光で、PC内部を彩れる

ROG STRIX B450-F GAMING

●メーカー:ASUS
●URL:https://www.asus.com/jp/Motherboards/ROG-STRIX-B450-F-GAMING/
●実売価格:実売価格 1万4000円前後

ASUS「ROG STRIX B450-F GAMING」。安定した通信に定評のあるインテルチップLANや高品質オーディオチップの「SupremeFX S1220A」など、ゲーミングマシン向け機能を満載
CPU直下と基板下部に、M.2スロットを装備している。ヒートシンクは非搭載になる
RGB LED4ピンヘッダーを備え、多くのLEDデバイスがサポートするASUS「Aura Sync」に対応している基板上やチップセットに施されたサイバーチックなテキストパターンデザインが特徴だ

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中