このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

プールサイドで寝転びながら片手で本をめくり読書ができる!

新Kindle Oasis(第10世代)は防水仕様で旅に最適

2019年07月03日 16時30分更新

文● エリコ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Kindle Oasis(第10世代)の体験会は、大磯プリンスホテルで開催されました

 7月24日から出荷開始する、アマゾンの電子書籍リーダーKindleの最上位機種「Kindle Oasis(第10世代)」の体験会に参加してきました。一泊二日の体験会が終了するころには、まんまとKindle Oasisを返却したくない気持ちで一杯になったので、使ってみたからこそわかる、新Kindle Oasisの魅力を紹介します。

新搭載の色調調節ライトにより、自動もしくは自分好みに任意でディスプレーの色調や明暗を変更可能

新Kindle Oasisは色調調節ライトを搭載

 通称、電子ペーパーといわれるE Ink式、7インチの大型Paperwhiteディスプレーの新Kindle Oasisに、色調調節ライトが初搭載されました。これは、ディスプレーの色調を明るいホワイトから温かみのあるアンバーに、自由に変更できるという仕様。時間設定機能を利用することで、日の出や日の入りの時刻にあわせて、自動的に調整することも可能です。

 新Kindle Oasisのサイズは、縦159mm x 横141 mm x 厚さ3.4〜8.4 mm、重量188g、容量は8GBもしくは32GB、1回約3時間の充電で最大6週間ほど利用可能です。

背面はフラットではなく段差がついているため、指をかけることができ、濡れた手でも安心して持つことができた
本体の上下に電源ボタンとmicroUSBポートが、分れて配置
ページ送りのボタンが、ストレスなくページ変更できてとても便利! そしてフラットなディスプレーも没入感を高めます

 防水性能はIPX8等級で、深さ2mの真水に60分ほど沈めても有害な影響がないことを確認しているとのこと。ほかのKindleシリーズとは異なり、ページ送りのための物理ボタンがついていることも、大きな特徴です。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン