このページの本文へ

ハイエンドなプロセッサーとグラフィックスを搭載するモバイル・ワークステーション

レノボ、4Kパネルも選択可能な15.6型ノートパソコン「ThinkPad P53s」などを発売

2019年07月02日 16時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ThinkPad P53s」

 レノボ・ジャパンは7月2日、15.6型モバイルワークステーション「ThinkPad P53s」、プレミアムモバイルワークステーション「ThinkPad P1 (Gen2)」を発売した。

 ThinkPad P53sは従来モデルから軽量化や省電力化が図られている。第8世代インテルCore i7プロセッサーやNVIDIA Quadro P520が選択可能で、ディスプレーは1920×1080ドット液晶のほか4K(3840×2160ドット)液晶も選択できる(4Kモデルは7月31日出荷予定)。最大48GBまで拡張可能なメモリーなどCADや高精細映像などの用途に使いやすく、LTEにも対応する。

「ThinkPad P53s」、3D CADなどに用途に使いやすいテンキーを装備する 

 スリムなケースを採用しつつも有線LAN(RJ-45)を装備、BIOSにはサイバー攻撃を受けたり破損した際に自ら修復する自己回復BIOSを採用。価格は27万4320円から。

「ThinkPad P1 (Gen2)」

 また、プレミアム・ワークステーション「ThinkPad P1」の新モデルとして、最新CPU/GPUを搭載した第2世代モデル「ThinkPad P1 (Gen2)」も発売された。第9世代インテル Core i7プロセッサーに加えてグラフィックスにNVIDIA Quadro T2000が選択可能。メモリーは最大64GB、ストレージは最大4TB(M.2 PCIe NVMe SSD)を内蔵可能。

「ThinkPad P1 (Gen2)」のUHD IPS液晶モデルは天板がカーボン調となっている 

 ディスプレーはFHD IPS液晶(1920×1080ドット)またはUHD IPS液晶(3840x2160ドット)、UHD IPS液晶はオプションとしてファクトリー・キャリブレーションの選択も可能となっている。価格は35万7480円から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン