前へ 1 2 3 4 次へ

約18mmの薄型ボディに第9世代i7&RTX 2060を搭載

MSIのノートPC「P65」はクリエイティブからゲーミングまでなんでもこなせる一台

文●柴田 尚 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIの「P65 Creator 9SE-472JP」は、17.9mmの薄型ボディに第9世代「Core i7-9750H」とNVIDIA「GeForce RTX 2060 6GB」を内蔵した、15.6型フルHDディスプレー搭載ハイエンドノートだ。

 以前紹介した「P65 Creator 8RF-777JP」の後継機にあたり、美しいディスプレーはそのままに、CPUとGPUをパワーアップしてクリエイターのみならず、ゲーミングノートとしても高いレベルのモデルに仕上がっている。

「P65 Creator 9SE-472JP」。ボディカラーはメタリックなスペースグレー

 このハイエンドぶりでありながら、前述のとおり17.9mmという薄さに加え、1.9kgというモバイルも可能な重量になっているところもすばらしい。

 それ以外のスペックは、メモリーが16GB(8GB×2)、ストレージがM.2 NVMeの512GB SSDとなっている。実売価格は23万円ほどだ。

 今回はこちらのモデルを紹介しよう。ちなみに、3840×2160ドットの4Kディスプレーと32GB(16GB×2)のメモリーを搭載した上位モデル「P65-9SE-473JP」(実売価格27万円ほど)もラインナップしている。

スペースグレーの美しいボディー

 薄型&軽量な本体は、指紋防止加工がなされており持ち歩いても汚れなどが気にならない。さらに高級感にも溢れており、見せびらかしたくなるほどの美しさを持っている。

 15.6型のディスプレーはグレアパネルで、モバイル時でも映り込みなどが気にならない仕様。さらに、上部と左右が最大でも4.9mmの狭額縁デザインとなっており、映像への没入感を高めてくれる。

 同時に、サイズは357.7(W)×247.7(D)×17.9(H)という14型ディスプレー搭載機に迫るほどのコンパクトなフットプリントを実現した。

狭額縁ベゼルによりフットプリントはかなり小さく収められている

ACアダブターは薄くコンパクトであり、モバイル時にバッテリーが不安であれば持ち歩くのもたやすい

前へ 1 2 3 4 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月