このページの本文へ

ワンオペ育児しながらでも働ける!主婦向け就業支援サービスが続々登場

文● 大来 俊(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

働く女性の比率が増える中、子育て中であってもリモートワークできたり、自宅周辺で短時間の仕事を紹介するといった、女性向け就業支援サービスが充実してきている。

働く女性を支援する
就業サービスが目立つ

完全リモートで月平均20万円以上の収入になる会社もあります
自宅やコワーキングスペースを拠点に、ノートパソコンを使ったフルリモートで仕事ができるケースもある

 今、働く女性は着実に増えている。総務省が5年に1度発表する「就業構造基本調査」によると、2017年の15~64歳の女性の有業率(仕事をしている人の割合)は68.5%と前回調査(2012年)から5.4ポイントもアップ。特に著しい伸びを見せたのが、25~39歳の若い世代で、5.9ポイントアップの75.7%と過去最高を記録している。

「大学進学でも新卒時の就職でも、男女のジェンダーギャップはなくなり、女性も当たり前に活躍する時代。過去の価値観として存在した『結婚したら専業主婦になる』という選択も今は少なく、女性もキャリアアップしたり、結婚してもパートナーと協力しながら働き続けている。つまり、幸せのロールモデルが変わったことが背景にはある」と、キャリア女性のための転職サービスを提供するLiBの松本洋介社長は話す。老後や子育て資金のためにダブルインカムを選択する現実的な事情も関係しているだろう。

 そんな中、近年目立つのが、働く女性を支援する“ブティック型”と呼ばれる特化型の就業サービスだ。

 例えばLiBが展開するのが、営業や広報、人事などコミュニケーション職種の正社員を中心に、過去到達年収が400万円以上などハイキャリアの女性に特化して転職支援する「LiBzCAREER」。現在16万人の女性が登録している。業種や職種、年収だけでなく、育児サポートや働き方、自宅や保育園の最寄り駅に帰りたい時間など、女性ならではの条件で求人を検索できたり、企業からスカウトされるサービスを受けられるのが特徴だ。

 また、結婚や出産、育児、その後の社会復帰などライフステージに合わせ、ライフキャリアプランナーが中長期的なキャリア形成を支援するサービス「LiBzPARTNERS」も展開。ライフステージに応じた働き方を考え、その時に最適な仕事の環境を選択することを「働き方のモードチェンジ」と名付け、女性が長期的に無理なく能力を生かすことができる“戦略的な転職”を提案している。

あちらこちらに眠っている
“ハイスキル主婦”を掘り起こす

 一方、“主婦”に特化した就業サービスを展開するのがビースタイルだ。三原邦彦社長が2002年にスタートさせた。

「当時、新卒入社からしばらくは男性と遜色ないキャリアなのに、結婚・出産を機に退職して主婦になった後は、近所のスーパーのレジ打ちなど婚前のキャリアを生かせない仕事にしか就けない女性が多かった。社会の隠れたところに“眠っている”優秀な主婦の労働力を生かしたいという思いで始めた」(三原氏)

 当初、登録した主婦は社会人経験12年以上で、営業やデスクワークで実績を持つ人材ばかり。子育てと両立するために「時短勤務」しかできないが、企業側は優秀な人材を比較的低コストで確保できる。

 主婦にとっても従来のレジ打ちなどより給与は高く、自分のスキルを生かせる仕事だからやりがいがある。企業と主婦双方の思惑が一致した“主婦の時短派遣ビジネス”は当たり、ビースタイルの利用者と業績は右肩上がりで上昇していった。

 2012年には人事や法務、広報、経営企画、マーケティング、エンジニアなどの分野で、豊富な経験と自ら仕事を動かせる高い能力を持つ人向けの時短派遣・紹介サービス「スマートキャリア」も開始した。前職での年収が500万円以上の登録者が6割。そんな“ハイスキル主婦”に、より高時給で働けるチャンスを提供した。この事業は毎年160~200%と驚異の伸びを示し、ビースタイルの事業の中でも稼ぎ頭に成長した。

ビースタイルの派遣サービスには、家事や育児と両立しながら時短派遣でオフィスワークをする女性が数多く登録。登録者は全体で約40万人に上る

 2017年からは、より手軽に働ける事業もスタート。それが、自宅周辺で日常のすき間時間を利用して働きたい主婦向けの時短派遣サービス「しゅふJOB ご近所ワーク」だ。

 長い移動時間と交通費がない分、簡単な仕事でも比較的高い時給を設定できることが優位点だ。最近トレンドのカーシェアや民泊で需要が高まっている使用後の清掃なども仕事のひとつ。こうして、ビースタイルは企業が労働力として目を向けていなかった「主婦」にスポットを当て、時短という新しい仕組みで活用することで人材不足を補い、同時に主婦それぞれの人生に希望の光を与えているのだ。

クラウドワーカーの
待遇の低さが起業のきっかけ

 会社に所属しながら毎日自宅で勤務できる“完全リモート”の仕事も登場している。2014年にオンラインアシスタントサービス「キャスタービズ」を開始し、現在在籍する社員約270人のうち87%が女性のベンチャー企業、キャスターだ。

 キャスタービズとは、月額9万6000円(年間契約の場合)で月30時間まで、アポ取りや電話受付、スケジュール調整などの秘書業務から、人事・経理業務、テープ起こしやライティング、WEBサイトの運用やバナーなどの素材作成まで、補佐的な作業を代行してくれる便利なサービスである。

 契約者はパソコンやスマホのチャットなどを通じて仕事を依頼し、キャスター側では「アシスタント」と呼ばれるスタッフに適切に割り振って作業を行い、成果物などを納品する。作業を割り振るディレクターもアシスタントもキャスターのメンバーだが、皆、物理的なオフィスに出社することなく、全国各地の自宅やコワーキングスペースでノートパソコンを開き、フルリモートで対応しているのが最大の特徴だ。

 働く時間帯は一般的なオフィスワーカーと一緒。午前9時にノートパソコン上でタイムカードを打刻して仕事を始め、昼休みは1時間休憩。午後からまたノートパソコンに向かって仕事をして、午後6時に終業してパソコンを閉じる。また、キャスターには人事や経理、総務などのバックオフィスや、営業、開発の社員もいる。福利厚生、社会保険への加入、有給休暇があるのも通常の会社と同様だ。ただ働き方がリモートであり、オンライン上で仕事をしていることだけが異なっている点だ。

 そもそも同社がフルリモートの会社を立ち上げたのは、オンライン上で仕事を受けるクラウドワーカーの待遇があまりに悪いことに、中川祥太社長が“怒り”を覚えたのが発端だ。

フルリモートで
月平均20万円以上の給与

「働いているボリュームは通勤しているオフィスワーカーと同じなのに、記事を1つ書いて数円、数十円。それを頑張って積み上げても月数万円。報酬が低い上に、社会保障、福利厚生も受けられない。職場が自宅になっただけで生じる不利益を是正したい思いで中川が起業した」(取締役CSOの森岡由布子氏)

 クラウドワーカーの待遇改善には、契約者から支払われる報酬を上げる必要がある。そのためには仕事の品質向上が不可欠。そこで、キャスターでは採用時に書類選考や面接を行い、1/100もの採用倍率をくぐりぬけたアシスタントのみが在籍。採用後もオンラインで手厚い研修を実施する。

 その後、仕事に入ってからもオンライン上で先輩がOJTで付くなど、人材を徹底的に強化。品質の高さで差別化を図り、高報酬につなげている。結果、同社でキャスタービズを担当する社員は月平均20万円以上の給与を手にすることができ、社会保障や福利厚生も一般企業並みに享受できている。

 フルリモートであることは、育児や家事、介護などに追われる女性にとって実に好都合だ。実際に同社で働く女性社員の1人は、毎朝、1歳の子供を近くの保育園に預け、そのまま自宅に戻りノートパソコンで仕事。昼は食事を取りつつ余った時間で夕食の調理や家事をこなし、仕事が終わったら子供を迎えに行く。「通勤時間がない分、仕事や家事ができて心の余裕も生まれる。育児は男女均等が望ましいが、ワンオペ育児をしている母親も多いのが現状。フルリモートでなければ自分の生活は成り立たなかった」と話す。

 少子高齢化で、今後働く人が減っていくことは目に見えている中、シニア層、外国人と並び、女性の活用は待ったなしの状況。働く女性を支援する新手のアプローチは、今後も続々と出てきそうだ。

(大来 俊/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ