このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

放送だけが8Kではない

シャープ、8Kの新たな使い方を共創する「8K Labクリエイティブスタジオ」をオープン

2019年06月19日 17時00分更新

文● 大河原克行 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは、東京・芝浦のシャープ東京ビル内に、8Kソリューションを創出するための法人向け商談スペース「8K Labクリエイティブスタジオ」を開設。6月19日にその内容を公開した。

8K Labクリエイティブスタジオ

 8K Labは、8Kの技術開発やビジネス関連組織などの10人強の社員によって構成される組織横断型プロジェクトで、2018年12月14日に発足。今回の8K Labクリエイティブスタジオは、同プロジェクトを推進するための拠点となる。

8K Labの位置づけ
取り扱う技術領域

 シャープ 8K Lab マーケティング&プロモーティング担当の吉田茂人エグゼクティブディレクターは「単に商品を展示するショールームとしての役割ではなく、顧客の要望にあわせて、最適なソリューションを模索するなど、マーケットイン型のビジネスを行う場になる。社外のパートナー企業とも密接に連携しながら、顧客企業と共創して専用の8Kソリューションをいち早く開発し、社会に普及させていくことを目的としている」と位置づける。

シャープ 8K Lab マーケティング&プロモーティング担当の吉田茂人エグゼクティブディレクター

 インフラ保守、セキュリティサービス、スマート会議、ゲーム・エンターテイメント、遠隔医療・手術支援、運転サポート、教育支援、スマートホームの8つの事業分野をターゲットにソリューション開発をすることを目指すが、2019年5月にプレオープンした際には、3日間で14社36人が参加。「1業種1社に限定したものの、幅広い業種からの参加を得ており、1日3件の想定を上回った。午後7時からでもいいから見せてほしいという要望もあったほどだ。想定した業種以外からの参加も得ており、いい手応えを感じている。幅広い業種のニーズに対応したいと考えており、8K Labクリエイティブスタジオでは、年間約200社の利用を想定している」という。8K+5Gエコシステムをテーマした商談も増やしていくことになる。

前へ 1 2 次へ