このページの本文へ

DMM GAMES、無料の体験版アプリ『流星ワールドアクター』が提供開始

2019年06月19日 15時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DMM GAMESは6月19日、PCゲーム『流星ワールドアクター』の体験版アプリ『流星ワールドアクターLite』を配信開始した。『流星ワールドアクター』は、新ブランド「Heliodor(ヘリオドール)」の第1弾タイトル。『流星ワールドアクターLite』では、アダルト部分を除いた2章の中盤まで遊べる。対応OSはiOSとAndroid。価格は無料。

 『流星ワールドアクター』の販売開始は7月26日から。価格はパッケージ版の初回限定版が1万584円、第七共和国亡命パックは1万8360円。FANZAのダウンロード通常版は9504円、ダウンロードボイス特典付き版は1万584円。DMM GAMEストア R18のAndroid版は8424円。

 あらすじ:第七共和国。その国を守る警察組織の中でも、厄介者やはぐれ者、問題児が集まる十三課。十三課に所属する主人公日流ルカは、刑事としての腕は立つが、言動や行動に問題が多い。かつて凄惨な事件を引き起こしたある事件に固執するあまり、上層部に目を付けられ、十三課に押し込められていた。誰とも組まず一匹狼を貫き通してきたルカは、新たに配属されたエルフで、新米刑事のクラリスとコンビを組まされる。息はあわず無能な新人、無能な上司の関係で時間が過ぎるなか、第七共和国に亡命してきた一人の少女を保護したことで、日々は大きく変わっていく。

■関連サイト