このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

おすすめ4Kコンテンツを高画質・高コスパで見る方法教えます 第3回

パソコンで手軽にBD UHDを楽める「VX3211-4K-MHD-7」

4万円台前半で4K HDR対応ディスプレーの実力が凄い

2019年06月24日 11時00分更新

文● 鳥居一豊 編集●アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

動画配信の4Kコンテンツでも「映画の感触」を味わえる!

 今度は、Amazon Prime Videoを見てみた。Amazonの運営する動画サービスで、Amazonを利用したことのある人ならば同じアカウントで利用することができ、登録などの手間がないことが魅力。Prime会員ならば多くの動画が見放題となるし、4Kコンテンツもかなり充実している。

 そんななかで、ここでは海外ドラマの『高い城の男』を見た。フィリップ・K・ディック原作の小説を映像化したもので、第二次世界大戦で枢軸国側が勝利した架空の未来を描いた物語だ。舞台はかつてのアメリカだが、国土の多くはドイツや日本により分割統治されており、ドイツ統治の街は暗く暗鬱なムードが漂うし、日本統治の街は日本語や日本兵が目立つなど、ずいぶんと印象が異なっている。

 映像は映画そのものと言っていい感触で、夜の街はかなり暗い映像だ。それでも雨に濡れた石畳の艶を豊かに描くし、暗部の階調表現はなかなか優秀。精細感はかなり高く、これぞ4Kコンテンツと言える緻密なディテールをきめ細かく描いている。肌の色の違いなど、細かな色の違いもしっかりと描き分けるし、映画の色やコントラストの再現ではほとんど不満がない。

 このほか、日本のドラマやテレビアニメなども見てみたが、昔のテレビドラマはフィルム感もしっかりと出たり、ビデオノイズも多少目立つなど、映像素材が元々持っているノイズなどはそのまま出してしまう。正直な再現で、より綺麗に見せようとするテレビとは多少の違いはあるが、パソコン用ディスプレーとしては正しい表現だ。

コンシューマー利用なら申し分なし!

 テレビ放送などをよりきれいに見るならば、BDレコーダーなどを使って録画した番組を見るほうが、薄型テレビでの視聴に近い見え方になる。このあたりは、使い方に合わせて選ぶといいだろう。

 また、UHD BDのHDRコンテンツでも、力強い明るさの表現もしっかりと出来ていた。有機ELテレビのような深い黒の再現は無理だが、コントラスト感は十分に高く、あまり不満を感じない。暗部の階調表現も実にしっかりとしている。HDRの作品では、より映像が緻密になり、見応えのある作品も多い。こうした4K HDR制作の作品をそのままのクオリティーで楽しめるのはやはりうれしい。

テレビもソフトも楽しめる、活用範囲の広い4Kディスプレー

 パソコン用ディスプレーは、今やさまざまな映像コンテンツを楽しんだり、ゲームプレイにも使われるなど、活用の幅が広がっている。VX3211-4K-MHD-7は、実用上十分な機能を手頃な価格で実現し、映像の実力もなかなかのものに仕上がっていると感じた。

 BT.2020の広色域への対応など、プロフェッショナルの現場で求められる性能には及ばない部分もあるかもしれないが、一般的な使い方で不満を感じることはほとんどないはず。パソコンを主体にさまざまなコンテンツを楽しんでいる人ならば、コスパの極めて高い4K HDRディスプレーと言えるはず。

BD&DVD『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話好評発売中

 学園存続を賭けた大学選抜チームとの試合にからくも勝利し、ようやく平穏な冬の日々を過ごしていた大洗女子学園戦車道チームのメンバーたち。
 3年生の卒業を控え、生徒会が改選されて新執行部が始動するなど、小さな変化も始まっていた。
 そんなある日、彼女たちの上に降って湧いた騒動。新たな難問に立ち向かうため、戦車道チームが再始動する。

© GIRLS und PANZER Finale Projekt

© GIRLS und PANZER Finale Projekt

スタッフ
監督:水島努 脚本:吉田玲子 キャラクター原案:島田フミカネ キャラクターデザイン・総作画監督:杉本功 考証・スーパーバイザー:鈴木貴昭 キャラクター原案協力:野上武志 ミリタリーワークス:伊藤岳史 プロップデザイン:竹上貴雄、小倉典子、牧内ももこ、鈴木勘太 3D監督:柳野啓一郎 モデリング原案:原田敬至、Arkpilot 3DCGI:STUDIOカチューシャ、グラフィニカ 色彩設計:原田幸子 美術監督:平柳悟 撮影監督:関谷能弘、棚田耕平 編集:吉武将人 音響監督:岩浪美和 音響効果:小山恭正 録音調整:山口貴之 音楽:浜口史郎 アニメーション制作:アクタス 配給:ショウゲート

キャスト
西住みほ:渕上舞 武部沙織:茅野愛衣 五十鈴華:尾崎真実 秋山優花里:中上育実 冷泉麻子:井口裕香 ほか

■Amazon.co.jpで購入

『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話絶賛上映中

 新宿バルト9ほかで上映中。劇場一覧はこちら

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン