このページの本文へ

後続車両の自動追尾運転でドライバー不足や燃費向上に対応する技術

ソフトバンク、5G-NRを用いて新東名高速道路でトラック隊列走行の実験に成功

2019年06月11日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクは6月11日、5Gの新たな無線方式を用いた車両間通信の屋外フィールド試験として新東名高速道路でのトラック隊列走行の実証実験に成功したと発表した。

 これは5Gの新しい無線技術「5G-NR」の高信頼・低遅延という特長を活用、隊列走行するトラック車両間で制御情報を共有して車間距離自動制御を行なうもの。トラック隊列走行は先頭車が有人運転して後続車が自動追従する方式で、時速およそ70kmで走行する3台のトラック車両間にて5Gの車両間通信(4.5GHz帯使用、無線区間の伝送遅延1ms以下)を行なったという。

実験の概要

 同社では、今後のトラック隊列走行の早期実用化に寄与する結果として引き続き実験を推進するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン