このページの本文へ

パナソニック、世界初をうたう上向きスピーカー搭載の4Kビエラ

2019年06月04日 19時00分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは6月4日、4Kダブルチューナー内蔵で大画面有機ELテレビの新シリーズ「4KビエラGZ2000」シリーズを発表した。

 65V型「TH-65GZ2000」、55V型「TH-55GZ2000」の2機種で、発売は7月19日。市場想定価格はTH-65GZ2000が64万8000円前後、TH-55GZ2000が43万2000円前後とのこと。

 本シリーズでは、パナソニックが独自に設計した構造や素材、パネル駆動を採用したDynamicハイコントラスト有機ELディスプレーを使用。構造や素材まで見直して設計し、有機ELが得意とする暗いシーンでの色や階調表現にくわえて、明るいシーンでの色と階調表現を大幅に進化させたという。

 有機ELビエラ独自の信号処理技術「ヘキサクロマドライブ プラス」の色のチューニングには独自開発の測定ツールを活用。全輝度域で測定誤差を低減することで、業務用のマスターモニターの精度に近い「色再現力」を実現したとのこと。

 ハリウッド映画製作者との協業などを通じて培ったというAI技術も活用。映像のデータベースを機械学習させ、その学習データを元に最適な処理をすることで地上デジタル放送などの通常の映像も、HDR映像のように高コントラストに変換可能だという。

 音質面も強化し、左右に配置したスピーカーにくわえて画面下側中央に新たにセンタースピーカーを追加。さらに、世界初とうたうテレビ背面上部に上向きに配置した「イネーブルドスピーカー」を搭載。天井からの音の反射を利用し、クリアな音質とまるで天井にスピーカーがついているかのような臨場感あふれる立体音響を生み出す。

 立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応。対応ソフトだけでなく地上デジタル放送などもテレビのスピーカーだけで立体音響を楽しむことができる。

 番組やコンテンツ視聴を妨げずに、テレビ画面下部に接続機器やアプリ一覧が呼び出せるインターフェース「かんたんホーム」には、新たにネット動画サービスが追加。対応する映像配信サービスは、YouTube、Netflix、Amazonプライムビデオ、AbemaTV、Hulu、U-NEXT、dTV、アクトビラ4K、ひかりTV 4K、デジタル・コンサートホールなど。

 見たい番組、予約したい番組がすぐ見つかる「アレコレチャンネル」、リモコンに内蔵されたマイクによる音声入力機能などの機能も搭載されている。

 スタンドを含めたサイズ/重量は、55型は幅122.5×奥行き31.0×高さ78.3cm/約33kg、65型が幅144.6×奥行き31.0×高さ90.7cm/約40kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン