このページの本文へ

IN WIN「IW-928-Black」

14×14型マザー対応のIN WIN「928」の展示が開始

2019年06月01日 23時00分更新

文● 藤田忠 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 14×14インチの大型マザーボードに対応するハイエンドPCケースのIN WIN「928」の展示が、オリオスペックで始まっている。オリオスペックのほか、TSUKUMO eX.とパソコン工房秋葉原BUYMORE店が取り扱いしているが、いずれのショップも受発注扱いになっている。価格は14万184円で、オリオスペックでは次回入荷は7月上旬ごろになるとのこと。

約14万円になるハイエンドPCケースのIN WIN「928」。14×14インチマザーボードに対応しているのが特徴だ

 IN WIN「928」は、IN WINが「スーパータワー」と称する大型タワーケースで、マザーボードサイズ14×14インチ(355.6×355.6mm)までの幅広いフォームファクターに対応している。ASUSのLGA3647マザーボード「ROG Dominus Extreme」も搭載できるとあって、注目を集めている。また、アドレサブルRGB LED対応の同社製140mmファン「CROWN AC140」を12基搭載しているのも特徴だ。

フロント×3、リア×3、トップ×6の合計12基のRGB LEDファンを搭載する。リアのファン搭載部に、ファンガードなどは備わっていない
14×14インチ(355×355mm)の「ROG Dominus Extreme」を搭載しても余裕が残る内部スペースを備えている

 ベイ数は3.5インチシャドウベイ×2、2.5インチシャドウベイ×6になる。そのほか420mmラジエーター×2(厚み45mm)、ATX電源ユニット×2を搭載可能で、付属のライザーカードによりビデオカードの垂直設置にも対応している。

 外装はヘアライン加工を施した4mm厚のアルミニウムで、両サイドのパネルには強化ガラスを採用する。サイズは335(W)×656(D)×571(H)mm、重量は23.19kg。

マザーボードベース部の裏側には、2台の電源ユニットを搭載可能だトップのフォンは取り付け位置を変更することで、厚めのラジエーターも搭載可能になるという
3.5インチシャドウベイも肉厚なアルミニウム素材になっている外箱も当然巨大で、1人で運ぶのは厳しいサイズと重量だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中