このページの本文へ

ルーターや専用中継器など3モデルを発売

エレコム、新たにメッシュWi-Fiシステムを今夏発売

2019年05月27日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは5月27日、Wi-Fiを自宅中へ広げることができるメッシュWi-Fiシステムを手軽に導入できる「e-Meshスターターキット」など3モデル発表。今夏に発売する。

 ルーターに加えてWi-Fiの電波が弱い場所に専用中継器を設置することで自宅など広いエリアをWi-Fiでカバーできるシステム。従来の無線中継器とは異なり全体で同じSSIDを使用し、常に電波の強い中継器やルーターに自動接続するほか、中継器を複数導入した場合はメッシュ状に相互接続するので特定の通信にデータが集中せず、効率良く分散して通信できるなどのメリットがある。

ルーターのみ、専用中継機のみも発売する 

 価格や製品詳細については未定ながら、ルーター1台+中継機1台の「e-Meshスターターキット(WMC-DLGST2-W)」、ルーター1台のみの「e-Meshルーター単品モデル(WMC-M1267GST2-W)」、中継機のみの「e-Mesh専用中継器単品モデル(WMC-S1267GS2-W)」の発売を予定している。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース