このページの本文へ

5月最終週に新ファームウェアを公開、自動更新される

エレコム、ルーター製品を「OCNバーチャルコネクト」のIPv6 IPoEに順次対応

2019年05月21日 17時55分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは5月21日、「WRC-1167GST2」シリーズ向けファームウェア更新を5月最終週に行なうと発表した。

 新ファームウェアにより、NTTコミュニケーションズ提供の「OCNバーチャルコネクト」のIPv6 IPoEに対応できる。また、現在販売中のIPv6 IPoE対応ルーターに対応するファームウェアも随時公開する予定。

 5月最終週に更新されるモデルは「WRC-1167GST2」、「WRC-1167GST2H」。2019年内に随時対応するモデルは「WRC-2533GST2」シリーズ、「WRC-1900GST2」シリーズ、「WRC-1750GST2」。該当するモデルがネットワーク環境に接続されていれば自動ファームウェア更新が行なわれる。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース